TOP > CATEGORY > 雑談
BACK | TOP | NEXT

リストマーク 余湖さん情報、意外なサイトで読まれる 

2007年07月02日 ()
 千葉城に建つ千葉市立郷土博物館のプラネタリウムが閉館になるというニュースに関連して、余湖さんの二本松城の模擬天守の記事が天文関係サイト(塩屋のふくださん)で取り上げられています。
[2007.07.02(Mon) 19:32] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク おとなのおりがみ 

2007年03月30日 ()
0703302.jpg 職場の女友達がこういう本を貸してくれた。『おとなのおりがみ』。別にエッチな本ではない。お札を使って愉快な折り紙の折り方を紹介している。ちょっと話題にでもなっているのかYouTubeにも「折り紙・ターバン野口の折り方」というのがあったので試しに折ってみた。制作費1000円也。→こんな感じ
[2007.03.30(Fri) 20:52] 雑談Trackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

CD情報 by ポテト姫
 ひづめさん、おはようございます。ご無沙汰しております。
 話題が違ってて恐縮ですが(毎度のことですが...:笑)、最近入手した、某インスタントコーヒーの付録のCDの中に「アマポーラ」という曲が入っています。解説を読んだところ、ポルトガルのカウンターテナー歌手が歌っているそうですが、間奏に、テルミンで演奏している部分がありました。普通の曲の中で、テルミンの音色を聴いたのは初めてだったので、興味深かったです。

 「feel」シリーズの3にも、同じ曲が入っているそうです。(既にご存知かもしれませんが、参考までに。)

ターバン野口 by ポテト姫
追伸
 この折り紙のことを、朝の情報番組で見ました。(^^) 私も、面白いなァと思っていたのですが、そこに出演していた、ヤンキー先生(義家氏)は、ちょっと憤慨されてたようでした。(・_・;)

by ひづめ
アマポーラの件、知りませんでした。ここのところテルミンにはとんとご無沙汰してしまっています。

コメントを閉じる▲

リストマーク 合紙機能 けっこうミラクル! 

2007年02月27日 ()
 『一考古学徒の思うところ(新版)』の記事「合紙(ごうし)と言う機能があるらしい」によると、コピー機の合紙機能をフル活用して生活を豊かにしようという管理人さんの壮大な挑戦が始まろうとしている。後ろに人が並んでも遂行できるかが鍵か。
[2007.02.27(Tue) 18:39] 雑談Trackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

合紙 by 一考古学徒
ご紹介どうも。奇数頁と偶数頁が実際の本とは逆になるのがコピー機の宿命ですが,これも合紙機能で本と同様の割付を実現できるそーです。

by konatu
私が昔アルバイトしていたコンビにでは、一旦コピーした用紙を戻して、両面印刷をしていく外国人がいましたよ。
料金の節約にはなりませんが、いろんな事する人がいるなぁと思いました。

遂行の鍵は共通 by ひづめ
>一旦コピーした用紙を戻して
 これもまた、後ろに人が並んでも遂行できるかが鍵ですね。

コメントを閉じる▲

リストマーク 調査依頼? 

2007年02月19日 ()
 先日、地元の方からメールをいただいた。「自宅の周囲にあるのは城跡の堀と土塁のように思うが見てくれないか」というもの。確かにその方の言われる一帯には城館址らしきものが点在している。ご本人にもう少し詳しくお聞きしたいのだが、記載されていたメールへ連絡が取れない。ともかく近い内にその一帯を歩いてみよう。
[2007.02.19(Mon) 00:00] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク マトリョミン、ついに藪ログに登場 

2007年02月10日 ()
0503232s.jpg 近々実施されるお城仲間との合宿の余興のために久しぶりにテルミンの練習をしている。テルミンはちょっと珍しい楽器なのでご存じない方もいらっしゃるだろう。そういう方はテルミン演奏の第一人者である竹内正実さんのページをご覧になって下さい。簡単に言うと、周波数のわずかに違う電波の唸りを利用した世界で唯一手を触れずに演奏する楽器です。テルミンは機材が数点必要なので、今回私が演奏しようと思っているのは、テルミンをロシアのこけしマトリョーシカの中に組み込んだマトリョミンという楽器。これは先の竹内さんが考案・作製・販売している製品。私にはウモさんのギターと合わせられるような力はないのでお耳汚しにしかならないでしょうが、、、
[2007.02.10(Sat) 00:00] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 茨城城郭会新年会報告 

2007年01月30日 ()
070129.jpg 1月28日の夕方は水戸駅近くの赤ひげでの茨城城郭会の新年会に出る。参加者6名。取手からは初顔合わせのduckhouseさんも遙々駆けつけてくれた。けむしさんの報告(メッセージボードNo.3923)を借りると、話題は取手の城郭他、水戸城、額田城、高野氏館、小幡城、中居城、木原城、古河公方館・出丸、県内の伊達領、県内の水戸藩領と他領の相違、鹿行地区の漁業、那珂湊の産業の歴史的推移、藁葺き屋根、城の内の地名、木内の地名、鹿嶋鉄道、大垣行き普通列車、大阪ミナミ、京都祇園、和歌山雑賀崎、鹿児島知覧、司馬遼太郎などなど、実に多岐に及んだ。水戸で1泊し、翌日はアクアワールド・大洗でイルカのショーを見て帰宅。
[2007.01.30(Tue) 00:42] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 出会いたくないもの(その2) 

2007年01月27日 ()
 以前、ここで『出会いたくないもの』について書いたことがある。昨今のバラバラ殺人や死体遺棄事件のニュースを聞くに付け、出会いたくないものに出会ってしまう確率は確実に高まっていると思わずにはいられない。藪の中で城館探索を行っている立場としては、第一発見者になるのはもちろん嫌だが、あらぬ誤解を招いてしまう方がよほど恐ろしい。そのことについて余湖さんも「山林に死体を捨てるな!」(No.6353)で書いている。
 「藪の中には人間がいっぱいいるんだぞ。捨てに来ると目撃されるぞ」という社会的な認識を広めるためにもお城ブームがもっと盛り上がると良いなぁ。って、反対にお城離れが心配か。
[2007.01.27(Sat) 00:38] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク Wiadomosc od Polski(ポーランドからのたより) 

2007年01月02日 ()
238348543_541813370b_m.jpg ポーランドの友人の息子が新年のメールで自分の写真を公開しているページを知らせて来た。とても素敵な写真だ。みなさんにもご覧いただきたい。
左の写真をクリックしてください。
[2007.01.02(Tue) 00:12] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ホームページの大掃除 

2006年12月30日 ()
061228.jpg このFC2無料ブログの容量が1G、それに対して、ホームページ『美浦村お散歩団』で使っている有料のASAHI-NETの容量が100M(それを越えると追加料金)。日経パソコン「プロバイダー満足度調査」で2年連続第1位だそうだが容量もう少しなんとか増えないものか。本日の時点で97Mになっており、100Mを越えるのは時間の問題。取り合えず、年末の大掃除として過去のつまらない藪写真を削除して数メガ分のスペースを捻出しようとセコイことを考えている。
[2006.12.30(Sat) 00:02] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 「2007年お城初め」を思案中 

2006年12月28日 ()
 2002年牛久城、03年城山城、04年立ノ越館、05年羽賀城と、正月2日は近隣のちょっと気の利いたあるいはほとんど知られていないお城を選んで『お城初め』をやって来た。しかし、06年は『図説茨城の城郭』作業のため中断。さて、来年07年のお城初めはどうしようか、ただ今思案中。[写真は04年の立ノ越館]
[2006.12.28(Thu) 00:25] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ノロウィルス感染症は二枚貝が原因ではないことを証明したい 

2006年12月24日 ()
061225.jpg 毎年『函館お散歩団』でお世話になっている北海道の知人から鮑3杯、帆立10枚、生牡蠣10個が届いた。受け取った一瞬は「食べきれないのでお裾分け」と思ったが、なんの余るわけがないじゃん、というわけで全部食べてしまった。ここのところのノロウィルス風評被害で迷惑している海産物業者のみなさん、大丈夫なことを私たちが身を以て証明しますよ。[あっと言う間に捌いて食べてしまったので写真は無し。翌朝、庭の貝塚に捨てられた殻の写真のみで失礼します。上に写っているのは地元の師匠にもらった手作り納豆の藁束。]
[2006.12.24(Sun) 21:22] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 「高エネ研構内でカヤ刈り」ボランティア参加報告 

2006年12月21日 ()
 12月16日にお知らせした「高エネ研構内でカヤ刈り」ボランティアに、美浦村お散歩団々員のひるねが参加した。さすがに大穂城の藪刈りはできなかったようだが、休憩時間に『図説茨城の城郭』パンフレットを数枚配るなどの華々しい(?)活動を行って帰還した。30名ほどの参加者の中には、『図説茨城の城郭』を手にとって見たことがあるとか、自分は美浦村木原出身なので木原城について近い内に読んでみますとか、本の知名度は上がっています!
[2006.12.21(Thu) 00:29] 雑談Trackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

ズームインで... by ポテト姫
 ひづめさん&ひるねさん、こんにちは。話題が全然違うので恐縮ですが、今朝の「ズームイン」(日テレ)で、「マトリョーミン」が紹介されてましたね。「マトリョーシカ」に「テルミン」が収められた形を、想像してただけなので、実物(映像ですが)を見られて、感激しました。
 こけしのような人形の前で、手をかざしている姿は、なんとも不思議な光景でした。テレビでは、「マトリョーミン教室」の様子を写していたようです。

 ひづめさんたちは、今も続けてらっしゃるのかな?

仮死状態 by ひづめ
 ポテト姫さん、こんにちは。見損ないました。 佐藤沙恵さんという美人の先生の教室『テルミン大学』が紹介されていたでしょう。マトリョミンもかなり知名度が上がりときどきテレビや雑誌で紹介されていますね。私たちの「へなちょこテルミンクラブ」は仮死状態です。

清掃 by とら
>大穂城の藪刈り
良い事ですね。

こちらでも,3月11日,大楽会主催で,磯浜海防陣屋跡の清掃を行う事になりました。藪刈りは大変なので,取り合えず女性でも見学できるように,道を付けようと話しています。今回は特に会以外の方の参加募集はしませんが,お時間ありましたらお越しください。

コメントを閉じる▲

リストマーク 憧れの青木更吉先生にお会いする 

2006年12月20日 ()
 12月18日に書いた「さる方」というのは、千葉県の小金牧、佐倉牧、嶺岡牧の野馬土手や牧の歴史を調査されて『小金牧 野馬土手は泣いている』、『佐倉牧 続野馬土手は泣いている』、『小金牧を歩く』、『嶺岡牧を歩く』という本を崙書房から出版されている青木更吉先生のことだ。これまでにも青木先生と野馬土手のことを何回か紹介して来たように私の憧れの方だ。いつかお会いしたいと思っていたのがようやく念願叶った。そして、想像していた通りの方であった。まずは、北柏駅近くの松ヶ崎城(写真)と南柏駅近くの松ヶ丘野間土手へ連れて行っていただいた。その後、「牧」に関連して日本の在来馬や競走馬の話が盛り上がった。次回は稲敷の戦国土塁をご案内する約束をしてお別れした。この日は、青木先生とお会いする前の午前中に柏市の増尾城、我孫子市の根戸城も見てきた。
[2006.12.20(Wed) 00:31] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 私の師匠 

2006年12月18日 ()
061217.jpg 郷土史について私には地元の師匠と函館の師匠がいる。こちらが一方的に慕っているだけだから、お二方とも私を弟子とは思っていないかもしれないが。
 地元の師匠は80歳を越えるが愉快な人で、「早くしないと土かけられちゃうからなぁ」と笑わせてくれる。だからこちらも「先生が死んじゃう前にたくさん教えてくれ」とズバズバ聞いたり連れ回したりできる。師匠もそんな時間を楽しんでくれていると感じている。
 先日、函館の師匠からあちらで出版された箱館戦争に関する新刊本が届いた。お礼の電話をかけたら風邪でお休みとのことでごあいさつは出来なかった。12月08日の記事に、「大阪は遠いなぁ、、、」と書いたが函館はあまり遠く感じない。知りたいことがあるとすぐに尋ねられる師匠がいるからだろう。すでに氷点下になっている函館。お体をお大事に。
 実は、もう一人師匠と呼ばせてもらいたとこの数年思ってきたさる方とお会い出来る機会が近々訪れそうだ。自分はこういう者で、こういうことに興味を持っているので先生にお会いしたいのだと段取りを付ける。そのようにして新しい出会いを作っていくことがお城めぐりの中で見つけた最大の楽しみなのかも知れない。[写真は80歳を越えても藪を駆けめぐる地元の師匠]
[2006.12.18(Mon) 00:05] 雑談Trackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

表紙の画像 by 清兵衛
しばらくです。
表紙の高野館、私も見てきましたが、撮影方法が違うとこのように写せるんですね。
私もカメラを持っているのですが、ただ写しているだけ。今度、ご教示願います。

写真3枚の合成です by ひづめ
清兵衛さん、こんばんは。あれは1点からパンして撮した3枚の写真を合成したものです。最近買ったCanonのデジカメに添付されていたソフトを使いましたが、ものすごい合成力にびっくりなのです。私の腕ではありません。

おおー by 清兵衛
おおーウ、

そのようなソフトがあるんですねエ。

コメントを閉じる▲

リストマーク クマ、とうとう茨城県内へも越境 

2006年12月15日 ()
 東京新聞のWEB版ChunichiWEBPressに「大子で子グマ死がい 県内初確認 エサ求めて越境か」というニュースが出ていた。ついに茨城県もクマ出没地域になってしまった。ヤブレンジャー仲間ではクマを呼ぶ男としてつとに有名なアオさん、とうとう地元へ呼び寄せてしまったよ。ご本人はもちろんのこといっしょに県北を歩く方々も十分注意をしましょう。
[2006.12.15(Fri) 21:02] 雑談Trackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

ワシかい? by アオレンジャー
もしかしたら小生の車に便乗して来たのかもしれませぬ。
北茨城でも足跡が確認されたとか、矢祭で目撃されたとも聞きます。
大子に出ても不思議じゃないですね。
県北や栃木の山に行くのにも熊鈴、熊スプレーは持っていった方がいいようです。でも会いたくない!

コメントを閉じる▲

リストマーク HONEY BEE(ハニービー) 

2006年12月14日 ()
061213.jpg ヤブレンジャー諸氏の中には模型マニアがけっこう多いのだが、管理人は子ども時代はともかく現在は模型は作らない。が、誘惑に負けてHONEY BEE(ハニービー)という赤外線コントロールのヘリコプターを買ってしまった。Amazonで3,490円だから大人が買うには安いおもちゃではあるが、やり始めると夢中になってしまう。きっと世のお父さんの中には子どもへのクリスマスプレゼントのつもりで買って自分で独り占めしている方も多いのではないだろうか。初フライトMovie
[2006.12.14(Thu) 00:52] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク トラックバックについて 

2006年12月12日 ()
061211.jpg 赤飯さんがご自分の掲示板で「まともなTB来ないかな。」という書き込みをしていた。ブログがこんなに盛んなのにトラックバックがちっとも効果的に使われていないじゃないかという不満を常々持っている管理人は大いに同感した。そこで私の意見を返信した。
Open↓

 ブログがこんなに隆盛なのに、TB(トラックバック)のやり方、意義、有効性を知っている人が少なすぎるのじゃないでしょうか。私はTBを使わないブログってブログとしては半端と思っているくらいです。TBしないということはコメントを待っているだけの使い方ですから掲示板とさして代わり無いのですから。スパム対策とは言え、コメント、TB受け付けないというのも本末転倒なんですよね。

Close↑

[2006.12.12(Tue) 00:43] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 『図説茨城の城郭』健闘 

2006年12月04日 ()
 去る12月2日に開催された茂原市での千葉城郭研究会セミナーの会場で『図説茨城の城郭』を販売させて頂いた。今年の会場は茨城県の城郭とは縁の薄い地なのであまり期待出来ないと聞かされていたが、それでも終わってみると思った以上に売れていた。なんの、大健闘ではないか。
[2006.12.04(Mon) 08:59] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 前期日本人と後期日本人 

2006年11月04日 ()
 アオさんのブログ『北緯37度付近の中世城郭』の今日の記事「やっとお会いできました 那珂通辰殿」は、那珂氏と佐竹氏の関わりを手短に紹介したとても分かりやすく面白い内容。那珂通辰の墓は佐竹一族の墓所からわずか200mの距離にあり、これは佐竹氏が菩提寺の正宗寺に依頼してケアしていたとのことだ。アオさんは「当時は死んでしまえば、敵という感情はなかったのであろう。信長や家康だったら墓まで破壊するだろうが。」と書いているが、敵という感情がなかったのではなくきっと怨霊や祟りを畏れ供養したに違いない。
 日本人の精神構造が中世のある時期に大転換したという話を茨城大学の金本正之先生(昭和50年当時)から聞いた。それは前期日本人/後期日本人と区別できるほどの大変化だったらしい。多くは忘れてしまったが、いま覚えているのは「善悪」、「怨霊や祟りへの畏れ」などの規範の違い。南北朝期の佐竹氏は前期日本人、信長や家康は後期日本人。これが行動の違いに現れているのではないだろうか。
 この話を聞いてからもうかれこれ30年経っているが時々思い出して歴史上の人物の行動を見るときのヒントにすることがある。それにしても金本正之先生、どうされているだろうか、、、
[2006.11.04(Sat) 18:53] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク Yahoo!ブログへのコメントは一苦労 

2006年10月25日 ()
 アオレンジャーアオさんの『北緯37度付近の中世城郭』など、Yahoo!ブログをご利用の方は身近にも何人かいらっしゃいますが、コメントひとつ書くにもMacユーザーのひづめには障壁が高くて一苦労です。と言うのはOpen↓以下のような訳なのです。
Open↓

Yahoo!のブログへ書き込むのは本当にたいへんです。スパム対策およびMac排除(ひがみかな?)なのでしょうけど、書き込むまでの労力は半端ではないです。字数制限も厳しいですし。
【1】ブラウザはInternetExplorerからしか書き込みを受け付けないようで、日常使っているMac標準のSafariからは書き込めない。閲覧やトラックバックはSafariでも可能。だから、書き込みたい記事があると、同じページをIEで開き直す。IEの起動がこれまた遅い。
【2】コメントを書き込むためにはYahoo!ブログにログインし直さねばならない。ログインし直してからもう一度コメント欄を開ける。
【3】ここまでやってようやく書き込める。所要時間約1分30秒。

 このような手続きを経ていますから、コメントを書き込んだと言うだけでよほど気持が入っていると判断して下さい。

Close↑

[2006.10.25(Wed) 18:59] 雑談Trackback(0) | Comments(7) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

そんなに苦労してるとは... by 五郎
知りませんでした。スパム対策は仕方ないのでしょうけど、他の要因はなぜでしょうね。私にはどういう仕組なのか良くわかりませんが、Yahoo!の了見が狭いってことでしょうか。ここのブログには簡単に書き込めるんだから出来ないことではありませんよね。制限字数も少なすぎてイラつくことがあります。

感謝しています。 by アオレンジャー
お手数かけます。安易にブログを開設した小生が軽率だったかな?でも、自分のブログで返事のコメントを書くのにいちいちログインを求められるのには閉口します。他のブログにはこんなことないんですが?無料だからかな?

他のブログの使い心地 by ひづめ
アオさん、こんばんは。Mac標準のブラウザを使っている方は少数派なので、ひと言みなさんに知っておいてもらいたいなぁと思い書いておきました。アオさんにしろ五郎さんにしろ書かれた記事にはコメントしたいことが多いのですが、上のような事情でたいていの場合その気を殺がれてしまうのです。
 無料だから使いにくいということはないですよ。Yahoo!ブログの仕様の問題です。私の使っているFC2も無料ですが、テンプレートは豊富、レスポンスも速く、広告は一番下にほんの少し、トラブルは少なく、などなど良いことずくめなのですが、アダルトサイトが多いために、掲示板にFC2の文字の入っているリンクを書かせてもらえない場合があります(例えば、オカちゃんの掲示板)。それだけがマイナス点かな。
 読んだりコメントしたりする立場からの感想としては、LivedoorBlogはトップページへのレスポンスが遅いですし、コメントを後で削除できません。ココログは信じられないくらい遅かったのですが、最近は改善されつつあります。レスポンスの遅いブログにコメントを書くと、書き込まれていないと勘違いして何本も送ってしまい後でとっても恥ずかしい目に遭います。やはり、コメントを後で削除できません。Exciteは良いです。gooもまぁまぁですが、コメントを後で削除できません。gooはコメントが別ウィンドで開きます。Seesaaも良いのですが、コメントを後で削除できません。Amebaはアクセス出来ないときが偶にあるからいまいち。Yaplog!、Blogzineもコメントを後で削除できません。以上はあくまでも読んだりコメントしたりする場合の使いやすさに関する感想で、そのブログのオーナーになった場合の内情はまったく知りませんのでご参考まで。

めんどくさいんすね。 by 清兵衛
あ~、五郎さんだ。

やっぱりログイン必要? by 五郎
Yahooもちょっと前までは凄く遅かったし、エラーも頻発して酷いものでした。もしかしてこれは私の場合だけかもしれませんが、ようやくまともになった感じです。ところで今はログインしなくてもコメント書けます。気がつかなかったけど、いつからなのかな。ひづめさんの場合はやっぱりダメ?

龍ヶ崎でお会いしたかったんですが... by 五郎
清兵衛さん、ご無沙汰です。先日大館、小館へ行ったおりにお勤め先前を通ったんですけど、休日だから当然お休みでしたね。

スパムがシャットアウトされているのであれば良しとしましょう by ひづめ
>今はログインしなくてもコメント書けます。
 一回ログインした直後であれば入れますが、しばらく時間が経つと再度ログインが必要になります。また、別のブログへ書き込むときもログインが必要です。例えば五郎さんブログでログインして、直後にアオさんブログへ書き込むときには、やはりもう一度ログインが必要です。
 でも、ログインについてはこれによってスパムの書き込みがシャットアウトされているのであれば良しとしましょう。あとは、Safariに対応してくれればコメントじゃんじゃん書き込みます。

コメントを閉じる▲

リストマーク 記事の数に反映する生活リズム 

2006年10月09日 ()
061008.jpg この『藪ログ』も最近はペースを取り戻せてきた。この2年半の間、『図説茨城の城郭』に掛かりきっていたため、特に第1次の原稿〆切(2005年12月末)から第2次の〆切(2006年5月初旬)までは縄張図描きのシーズンとも重なったため、ブログの記事は月に一桁止まり。原稿を出し終えて少し時間ができた5月6月は元に戻ったが、7月になると最終校正のため毎週の出版社通いでまたまた一桁。で、出版後の8月以降は次第に復帰。逆に10月9日今日現在は公開可能な記事のストックが何本か溜まっているくらいの余裕すらある。自分の生活リズムがブログの記事の数にこんなに反映していたとはけっこう驚き。写真は9月の藪ログ・カレンダー。
[2006.10.09(Mon) 19:52] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク スズメバチ対策、ありますか? 

2006年10月08日 ()
 何週間か前におばあさんがスズメバチに100ヵ所くらい刺されて亡くなるという事故が栃木県のどこかでありましたが、昨日も常陸大宮市で死亡事故が発生したようです。毎年何件かスズメバチによる死亡事故は発生するのでしょうが、私を含め、藪歩きを趣味としているお城好きにとっては人ごとではありませんね。自分のことを考えてもスズメバチに対してはまったく無防備と言っても良い状態です。対策とは言えませんが、寒くなるまではなるべく藪へ行かないとか、ハチを見つけたらすぐに退散することを心がけているくらいです(消極的対策)。ですからこの季節は、「うっかり遭遇してしまったらどうしよう」という不安を拭えない状態で藪へ行くことになり心から楽しめないと言ったところです。

 『茨城城郭会』のメッセージボードにけむしさんが耳寄りなことを書き込んでいました。スズメバチ対策のレクチャーをしてもらえるお知り合いがいらっしゃるそうです。もし、そんな機会があればぜひ聞きに行きたいものです。レクチャーを聞く機会を得られないのであれば、せめて独立行政法人森林総合研究所が公開しているパンフレット(『スズメバチ被害防止パンフレット』)に目を通しておくのが良いかも。
 上の写真はWikipediaスズメバチ項目の写真へリンクして表示しています。
[2006.10.08(Sun) 11:39] 雑談Trackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

スズメバチ対策 あります。 by ヤマシタ商店
防蜂用手袋を製造販売しております。

林野庁関係に納品しております。

実用新案権取得。

スズメバチ対策 あります。 by ヤマシタ商店
詳しくは、ホームページをご覧下さい。  

www.y-m-s.co.jp です。

手袋だけで大丈夫ですか? by ひづめ
ヤマシタ商店様、コメントをありがとうございます。
 藪の中でスズメバチに襲われたとき、手袋だけで守れますか?なんか衣服の上から体も刺されそうな気がするのですが?

コメントを閉じる▲

リストマーク 地元の活力、個人の情熱 

2006年09月26日 ()
 「大洗町の歴史と自然を楽しむ会」主催の史跡探訪会用のパンフレット作りに連日とらさんがいそしんでおられる様子『一考古学徒の思うところ』から知れる。下の記事の小高さんもそうだが、とらさんもまた情熱の人なのだ。
[2006.09.26(Tue) 13:56] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 行きにくい城跡と行きやすい城跡 

2006年09月22日 ()
 不審者と間違えられる心配もあって学校地になっている城跡へは行きにくい時代になってしまったが、神社になっている城跡へは行きやすいなぁ。また、アオさんからネタをもらってしまった。
[2006.09.22(Fri) 20:34] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク マイナーな城を取り上げる 

2006年09月20日 ()
060918.jpg アオさんがブログ『北緯37度付近の中世城郭』小野崎城に関する記事に書いていた。

「メジャーな城ばかりでHPを構成することも可能で、そうすれば流行るんでしょうが、結局、小野崎城や西染城、曽目城などのような地元の人さえほとんど知らないマイナーな城ばかり力を入れている。やっぱり、俺って変人かも。」

 メジャーな城はすでに多くの誰かがやっているから後回しでも良いと思う。それに対して、地元の人さえほとんど知らないような城は記録できる人材が限られている上に、時間も限られている場合が多い。これこそ最優先でやらなくてはならない作業だろうし、マイナー城を扱うHPの本領だと思う。アオさんも変人かもしれないけどそれは私も同じ。100の中に一つくらいそんな情報源があるのは良いことですよ。
*アオさん制作の小野崎城鳥瞰図へ画像サイズを小さくした上でリンクを張らせていただきました。
[2006.09.20(Wed) 19:07] 雑談Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

掲載御礼 by アオレンジャー
アオです。わざわざ取り上げていただいてありがとうございます。最近、(山の)城に行けないのでスランプぎみです。だから愚痴っぽくなるのかな?でも、へびとスズメ蜂怖いですからね。早く冬がこないかなあと思うこの頃。

by ひづめ
アオさんのところに書かせてもらった自分のコメントをネタにして自分のブログの記事を書くというややこしくかつせこい方法。こんなに暑いのでは、スズメバチはいるわ蛇はいるわでまだまだ城へ行く気にはなれません。こういうときこそHPの内容充実の良い機会なのですが、けっこうめんどくさくて取り掛かれません。

コメントを閉じる▲

リストマーク 大口、お買い上げ! 

2006年09月17日 ()
 これまでに一度下総・行方一泊研修旅行にご一緒させていただいたことのある隣町の郷土史同好会の方々が『図説茨城の城郭』をまとめて11冊も購入してくれた。同好会の会長さん、この他にも本書を町の教育委員会や町立図書館にも推薦してくれたそうで、まとめて何冊か購入していただけたようだ。ありがたい。
[2006.09.17(Sun) 17:12] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 寒くなったら案内してあげよう 

2006年09月15日 ()
060915.jpg 『図説茨城の城郭』の中から自宅近くのお城を探してさっそくお城めぐりに行ってくれた友人もいるようだ。「なんだかよく分からなかった」とか「蚊に喰われてたまらなかった」という予想通りの感想だ。こんな季節はヤブレンジャーだって足が遠のいているので、寒くなってからいっしょに歩いてあげることにした。
[2006.09.15(Fri) 20:43] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 大洗の幻の酒 

2006年06月05日 ()
060605.jpg 大洗は不思議な引力のある町だ。私は中世城郭を媒介にしてトラレンジャーとらさんという引力を持った人との出会いをきっかけに大洗へ度々足が向くようになったが、最近はとらさんやお城を抜きの用事で訪れることもある。今日の用事は、予約しておいた月の井酒造店「和の月」の受け取り。これは、有機栽培米特別純米酒で年間3000本の限定品。亡くなった御当主とのことを奥様が手記にした『さいごの約束』が昨年ドラマ化されたため注文が殺到し、2008年分までは予約で埋まってしまっているとのこと、当分の間は幻のお酒(ネットオークションでは8万円の値が付いてしまったらしい)ということになりそうだ。今夜は純米吟醸「月の井」の無濾過生原酒で 大洗(魚忠)の海の幸 を楽しむことにした。さて、「和の月」の口をいつ開けることにしようか、、、差し当たってはサロン『土蔵』開店祝いを考えているのだが。
[2006.06.05(Mon) 18:27] 雑談Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by ポテト姫
 「和の月」ゲットなさったんですねェ!よく手にはいりましたね。お飲みになった暁には、感想をお聞かせ願います。

by ひづめ
>「和の月」ゲットなさったんですねェ!よく手にはいりましたね。
 放送直後に速攻で申し込みました。

>お飲みになった暁には、感想をお聞かせ願います。
 どういう機会に飲もうかと思案中です。

コメントを閉じる▲

リストマーク 『茨城城郭会』入会者ラッシュ! 

2006年03月01日 ()
1月9日にひさびさに「入会します」宣言があった『茨城城郭会』のメッセージボードにまたまた「入会します」宣言が書き込まれていました。今年の『茨城城郭会』は入会者ラッシュだ!

[2006.03.01(Wed) 22:38] 雑談Trackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

おじゃまします☆ by ユリ
コメントをどうぞネット初心者のユリです。ネットをうろうろしていたら、辿りつきました。http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/←に載ってたんです。ブログはじめたいと思っているのですけど、今はランキングとかリンク集みたいのとかからいろんなブログをみてお勉強中です(≧∇≦;)またおじゃましにに来ますね☆こっそり・・・。

コメントを閉じる▲

リストマーク Google Earth 

2006年01月15日 ()
みなさんはGoogle Earthをすでに体験済みですか?
macscreenshot-th.jpgMacOSX対応版がリリースされてMacユーザーのひづめもようやく利用できるようになりました。ここで公開されている地上の画像は精度をかなり落としていることでしょうから、現在の人工衛星に搭載されているカメラの現実の能力たるや恐ろしいものがあります。我が家の屋根の特殊構造もなんとか見分けられますから、これならばピンポイントでミサイルだって撃ち込めますよ。まぁ、常総戦隊ヤブレンジャーはミサイルなんか持っていないし、お城周辺の地形を探索するといった平和利用に限って使用する予定ですけど。

[2006.01.15(Sun) 20:43] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


BACK | TOP | NEXT

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
および 改訂版
シリーズ2巻
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編 各巻2800円+税

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER