TOP > 企画展『小野崎一族と薩都神社』
 ← 分国法 | TOP | 竹井英文さんの新著 『戦国の城の一生 つくる・壊す・蘇る』

リストマーク 企画展『小野崎一族と薩都神社』 

2018年10月16日 ()
1810162.jpeg10月2日(火)から11月18日(日)まで、常陸太田市郷土資料館(梅津会館)で開催されている、企画展『小野崎一族と薩都神社』を見てきた。この展示会は、常陸佐竹研究会と茨城城郭研究会が共同で主催する形になっている。常陸佐竹研究会の実力の高さはこれまでの活動が示すところだが、茨城城郭研究会については特に県北支部の3人に負うところが大きい。今企画は、小野崎氏を全面にフィーチャーするという画期的なテーマ選びに加えて、収集された資史料とその展示は内容も分量もたいへん見ごたえあるものだった。リピーターが多いというのも頷ける。会期はまだ一月残っている。

 →常陸佐竹研究会
 →北緯37度付近の中世城郭:企画展「小野崎一族と薩都神社」のご案内
 →50stormの古道を訪ねて:小野崎一族と薩都神社展のご案内
 →Pの、遺跡侵攻記:刀剣、手入れ公開

この展示会は「佐竹家臣団シリーズ第1弾」ということなので、今後の展開にも期待が持てる。
[2018.10.16(Tue) 22:09] 展示会・セミナー | Trackback(-) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 分国法 | TOP | 竹井英文さんの新著 『戦国の城の一生 つくる・壊す・蘇る』

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 分国法 | TOP | 竹井英文さんの新著 『戦国の城の一生 つくる・壊す・蘇る』

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

北海道道南

陣屋と台場

[改訂版]
1500円(送料込)