TOP > 道南十二館についての数少ない成書
 ← 2019年に行った城 | TOP | 顕定とその時代の知識を持ってから読むべき本かも

リストマーク 道南十二館についての数少ない成書 

2019年12月10日 ()
1711011.jpg『道南十二館の謎』 木村裕俊著
     北海道出版企画センター 2017年 3800円

 道南十二館は、北海道道南に点在する代表的な中世城館の総称ですが、広く知られているとは言えないと思います。

 本書は400ページを超える大著なのですが、残念に思うのは系図以外の図版が20枚ほどと少ない事です。道南中世史ということであればまだしも、道南十二館と銘打ったからには、読者は城館についての現代的な記述を期待してしまうのは自然でしょう。著者ご自身が踏査図を描かれないにしても、八巻孝夫さんが『図説中世城郭事典 第一巻』で描かれた縄張図や、これまでの調査報告書の図版などがあるわけですから、それらを利用し掲載されなかったことをとても残念に思います。複雑でかつ一般になじみの少ない地域について、言葉の力だけで十分な理解とイメージ惹起を求めるのはなかなか難しいことと感じるからです。
[2019.12.10(Tue) 00:00] 本のご案内 | Trackback(-) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 2019年に行った城 | TOP | 顕定とその時代の知識を持ってから読むべき本かも

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 2019年に行った城 | TOP | 顕定とその時代の知識を持ってから読むべき本かも

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

北海道道南

陣屋と台場

[改訂版]
1500円(送料込)