TOP > こまごまと充実した休日
 ← 小幡城を空撮 | TOP | 古文書入門中

リストマーク こまごまと充実した休日 

2014年03月03日 ()
久しぶりにこまごまとしたことを片付けられる休日になった。

まずは、直しても直してもパンクを繰り返す自転車タイヤを調べてもらいに土浦のフレームへ。チューブが細すぎるのでパンクしやすいのではないかということでそれを交換してもらう。それから、荒川沖のジョイフル本田で久しぶりの買い物。80円の板切れ1枚に大満足。そこからつくば市吉瀬にある車屋へ行き、レーンチェンジ機能の変更をしてもらう。レーンチェンジ機能というのはウィンカーレバーを軽く1回シフトさせると数回点滅する機能だが、こんなもの大きなお世話だ。使い難いを通り越して危険ですらあるので点滅は1回にしてもらった。1403031.jpgその後、この前石井一彦さんと見つけた土浦の地立堂さんの城藤茶店へ行って昼食にする。オーナーの工藤さんが『図説茨城の城郭』を愛読してくださっていて感激!土浦の街の話を一頻りして店を後にする。最後に、つちうら古書倶楽部を覗いて、佐賀進『スケッチで綴るふるさと土浦』を購入。これは先に購入した私家版『絵と伝聞 土浦の里』の元になった最初の絵と聞き書き集。
つちうら古書倶楽部は、在庫30万冊ともいわれる東日本最大級の古書店。1年前に開店していたが不覚にも石井さんに教えてもらうまで知らなかった。レジでの会話に耳を傾けていると、初めて来店したと思われるお客さんの「素晴らしいです、もう感動してしまいました」という声が聞こえて来た。実際、本好きにはたまらない空間だ。
1403032.png

 →つちうら古書倶楽部でございます
 →土浦に大型古書店 東日本最大級の30万冊
[2014.03.03(Mon) 18:38] 散策 | Trackback(-) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

古本好きの聖地 by 石井一彦
土浦に古本好きの聖地が出来て、すごくうれしいです。
昔、上野松坂屋の近所にあった上野文庫という渋い古書店は、店主が病気になって、閉店してしまいました。
つちうら古本倶楽部は、せっかく出来たのだから、お店が生き残って、町の人たちの共有財産になれるように、応援したいと思います。

by ひづめ
地元にこんな黴の香り、というか文化の香り溢れるすてきな場所があるなんて、土浦もっともっと行け〜!という気持ちになります。

コメントを閉じる▲

 ← 小幡城を空撮 | TOP | 古文書入門中

COMMENT

土浦に古本好きの聖地が出来て、すごくうれしいです。
昔、上野松坂屋の近所にあった上野文庫という渋い古書店は、店主が病気になって、閉店してしまいました。
つちうら古本倶楽部は、せっかく出来たのだから、お店が生き残って、町の人たちの共有財産になれるように、応援したいと思います。
[ 2014.03.08(Sat) 23:07] URL | 石井一彦 #ZJmJft5I | EDIT |

地元にこんな黴の香り、というか文化の香り溢れるすてきな場所があるなんて、土浦もっともっと行け〜!という気持ちになります。
[ 2014.03.10(Mon) 18:28] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 小幡城を空撮 | TOP | 古文書入門中

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編著 2940円

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER