TOP > 土浦はいい街だと思う
 ← 古文書入門中 | TOP | 先週に続き、昨日も今日も江戸崎

リストマーク 土浦はいい街だと思う 

2014年02月10日 ()
1402101.jpg土浦を舞台にした小説の構想を練っている石井一彦さんと、一日街を歩いた。
これまで全然知らなかった土浦をいっぱい楽しめた。
たくさんの土浦っ子とお話をしていく中で、街の底力みたいなもの、奥の深さみたいなものを感じる場面が多々あった。
御他聞に漏れず町の地盤沈下とか衰退とか言われるが、町おこしとか活性化の中で、全国どこにでもありそうなペラッとした町になって欲しくないと思うのは、まだまだ眠っている遺産がありそうだから。そう考える時、そのキーワードは「水」なのだと思うのだが。

同じ日のことが書かれた石井さんのブログ『新葛飾土産』の記事:
 →この町の抱える歴史と富は、まるでヨーロッパの古い都市のように、分厚く、深い。 ぼくは水景の美しいイタリアのベネチアを思い出してしまった。
 →まだまだいいものが沢山残っているゴージャスな土浦。 ぼくたちは、ぼくたちなりのやり方で『土浦の魅力発見』を続けていきたい。
[2014.02.10(Mon) 22:07] 散策 | Trackback(-) | Comments(10)
↑TOPへ


COMMENT

御意です by 石井一彦
ぼくも水だと思います。霞ヶ浦の水、桜川を始めとする川の水、土浦城の堀の水、暗渠になった幻の川や堀の記憶、そして舟運。これらの道具立てが、土浦という町を特別なものにしていますよね。ちょっと汚い川が流れているだけで、「水と緑の」○○市なんてキャッチフレーズをつけている町がありますが、この町はホンモノですから、ポテンシャルはものすごいと思います。町中まるごと博物館になれる可能性を秘めているから、どんどん顕在化すれば面白いですね。「城藤茶店」の発見、ありがとうございました。

by ひづめ
>町中まるごと博物館

函館がそうだけど、土浦も路上のものにその謂れプレートを貼って行ったらそれだけでも町歩きが楽しくなりそう。リピーターもきっと増えますよ。

あの! by 京都守護職
http://homepage3.nifty.com/yogokun/
↑このページから飛んできたんですけど、ここに書いてある許可を取る人はあなた様でしょうか?ネットのことについてよくわからないんで「なんだコイツ?」と思われるようでしたら無視で構いせん。古い記事に突然出てきてよくわからないこと言ってすみません。

by ひづめ
京都守護職さん、初めまして。

余湖さんのページから来られたのですね。
で、「ここに書いてある許可を取る人はあなた様でしょうか?」というのは何の事でしょうか?

余湖さんの書かれた内容や図を利用するための許可を取りたいという事でしょうか?それでしたら、余湖さんのページの下の方にある「掲示板&更新情報」から掲示板へ飛んでそちらに希望を書かれるか、あるいはその下の「メールはこちらまで」からメールを出されればよろしいと思います。

ありがとうございます。 by 山城ノ守(京都守護職)
ひづめさん、このような文章で言いたいことをすべて理解してくださって本当にありがとうございます。そして丁寧な解説を下さりありがとうございます。

何とも間抜けな話ですが、ページが下に続いてることにも気づかなくて・・・
本当にご迷惑をおかけしてすみません!

長文失礼しました!

あ、あと、土浦は私も好きです。城主の菅谷さんの小田氏治に対する忠誠ぶりは本当に涙が出ますね!氏治を救った土浦城は印象深い城ですね。氏治ファンとしましてはw

by ひづめ
山城ノ守(京都守護職) さん

無事、余湖さんへ問い合わせされていましたね。
ところで、お名前からは結びつきませんでしたが、こちらにお詳しいですね。それも氏治ファンとは。わたしも惹かれるところがあります。

えぇ by 山城ノ守
こ、ここで、こんな雑談みたいなことをしていいのか悩みますが一応。

私はお城好きというよりは歴史好きの面が強く、さらに言えばネタ武将好きなのでそっちの方面は多少w

それと、大変失礼とは承知でしたが偽名?を使って申し訳ありません。ネットマナーの知識において不安なところも多く「こんなこと聞きに来るんじゃねぇよ!」みたいに非難されるのを恐れて普段ネット上の活動で使う山城ノ守を伏せていました。

改めまして山城ノ守です。もしかしたらこれからも関東圏のお話が載った時に訪れるかもしれません。雑談もよいのであればまた来てしまうかもしれませんw

では、ご丁寧に教えてくださってありがとうございました。

by ひづめ
>こ、ここで、こんな雑談みたいなことをしていいのか悩みますが一応。

偽名の件ですが、同じ掲示板で複数のハンドルを使うのはルール違反だと思いますが、まったく分野の違うサイトでは私も別名を名乗っています。

雑談、全然構いません。雑談からなにか次のヒントが得られることも多いですからむしろ歓迎です。土浦をご存知ならばぜひ。

by 山城ノ守
ほかの記事も見たところ常陸を中心に活動なさっているのでしょうか?

ちょうど私も小田を中心に常陸や下総を調べているのでこういう情報は助かります。何もできませんがこれからもがんばってください。

ちなみに名前の由来は何か日本らしい名前がいいと思った時にふと国名が思い浮かび、どこの国にするかと考えたところ、強いて名乗るなら日本の中心であった山城の国かなと思ったのです。

土浦も割と近いので二度ほど行ったことがあります。当時はそこまで無名の武将に興味なかったので気にしなかったのですけど、次行く機会があれば菅谷さんについてや、霞ヶ浦に隣接する土地だから昔は繁栄したんじゃないかと思うので、そういった文化方面にも目を向けてみたいなと思います。

by ひづめ
あまり遠征のできる環境に無い為自宅周辺を中心に回って来ました。
近頃は新しい情報を追加できていませんが、HPにはけっこうレア情報も混じっています。自分の感想以外はなるべく出典を出していますのでご利用いただけたらと思います。
http://www.osanpodan.com

コメントを閉じる▲

 ← 古文書入門中 | TOP | 先週に続き、昨日も今日も江戸崎

COMMENT

ぼくも水だと思います。霞ヶ浦の水、桜川を始めとする川の水、土浦城の堀の水、暗渠になった幻の川や堀の記憶、そして舟運。これらの道具立てが、土浦という町を特別なものにしていますよね。ちょっと汚い川が流れているだけで、「水と緑の」○○市なんてキャッチフレーズをつけている町がありますが、この町はホンモノですから、ポテンシャルはものすごいと思います。町中まるごと博物館になれる可能性を秘めているから、どんどん顕在化すれば面白いですね。「城藤茶店」の発見、ありがとうございました。
[ 2014.02.12(Wed) 12:49] URL | 石井一彦 #ZJmJft5I | EDIT |

>町中まるごと博物館

函館がそうだけど、土浦も路上のものにその謂れプレートを貼って行ったらそれだけでも町歩きが楽しくなりそう。リピーターもきっと増えますよ。
[ 2014.02.14(Fri) 15:22] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

http://homepage3.nifty.com/yogokun/
↑このページから飛んできたんですけど、ここに書いてある許可を取る人はあなた様でしょうか?ネットのことについてよくわからないんで「なんだコイツ?」と思われるようでしたら無視で構いせん。古い記事に突然出てきてよくわからないこと言ってすみません。
[ 2014.03.28(Fri) 22:14] URL | 京都守護職 #- | EDIT |

京都守護職さん、初めまして。

余湖さんのページから来られたのですね。
で、「ここに書いてある許可を取る人はあなた様でしょうか?」というのは何の事でしょうか?

余湖さんの書かれた内容や図を利用するための許可を取りたいという事でしょうか?それでしたら、余湖さんのページの下の方にある「掲示板&更新情報」から掲示板へ飛んでそちらに希望を書かれるか、あるいはその下の「メールはこちらまで」からメールを出されればよろしいと思います。
[ 2014.03.29(Sat) 12:56] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

ひづめさん、このような文章で言いたいことをすべて理解してくださって本当にありがとうございます。そして丁寧な解説を下さりありがとうございます。

何とも間抜けな話ですが、ページが下に続いてることにも気づかなくて・・・
本当にご迷惑をおかけしてすみません!

長文失礼しました!

あ、あと、土浦は私も好きです。城主の菅谷さんの小田氏治に対する忠誠ぶりは本当に涙が出ますね!氏治を救った土浦城は印象深い城ですね。氏治ファンとしましてはw
[ 2014.03.29(Sat) 14:11] URL | 山城ノ守(京都守護職) #- | EDIT |

山城ノ守(京都守護職) さん

無事、余湖さんへ問い合わせされていましたね。
ところで、お名前からは結びつきませんでしたが、こちらにお詳しいですね。それも氏治ファンとは。わたしも惹かれるところがあります。
[ 2014.03.29(Sat) 15:20] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

こ、ここで、こんな雑談みたいなことをしていいのか悩みますが一応。

私はお城好きというよりは歴史好きの面が強く、さらに言えばネタ武将好きなのでそっちの方面は多少w

それと、大変失礼とは承知でしたが偽名?を使って申し訳ありません。ネットマナーの知識において不安なところも多く「こんなこと聞きに来るんじゃねぇよ!」みたいに非難されるのを恐れて普段ネット上の活動で使う山城ノ守を伏せていました。

改めまして山城ノ守です。もしかしたらこれからも関東圏のお話が載った時に訪れるかもしれません。雑談もよいのであればまた来てしまうかもしれませんw

では、ご丁寧に教えてくださってありがとうございました。
[ 2014.03.29(Sat) 19:20] URL | 山城ノ守 #- | EDIT |

>こ、ここで、こんな雑談みたいなことをしていいのか悩みますが一応。

偽名の件ですが、同じ掲示板で複数のハンドルを使うのはルール違反だと思いますが、まったく分野の違うサイトでは私も別名を名乗っています。

雑談、全然構いません。雑談からなにか次のヒントが得られることも多いですからむしろ歓迎です。土浦をご存知ならばぜひ。
[ 2014.03.29(Sat) 21:26] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

ほかの記事も見たところ常陸を中心に活動なさっているのでしょうか?

ちょうど私も小田を中心に常陸や下総を調べているのでこういう情報は助かります。何もできませんがこれからもがんばってください。

ちなみに名前の由来は何か日本らしい名前がいいと思った時にふと国名が思い浮かび、どこの国にするかと考えたところ、強いて名乗るなら日本の中心であった山城の国かなと思ったのです。

土浦も割と近いので二度ほど行ったことがあります。当時はそこまで無名の武将に興味なかったので気にしなかったのですけど、次行く機会があれば菅谷さんについてや、霞ヶ浦に隣接する土地だから昔は繁栄したんじゃないかと思うので、そういった文化方面にも目を向けてみたいなと思います。
[ 2014.03.30(Sun) 17:08] URL | 山城ノ守 #- | EDIT |

あまり遠征のできる環境に無い為自宅周辺を中心に回って来ました。
近頃は新しい情報を追加できていませんが、HPにはけっこうレア情報も混じっています。自分の感想以外はなるべく出典を出していますのでご利用いただけたらと思います。
http://www.osanpodan.com
[ 2014.04.03(Thu) 11:06] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 古文書入門中 | TOP | 先週に続き、昨日も今日も江戸崎

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
および 改訂版
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編 各巻2800円+税

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER