TOP > 『薮ログII』刊行
 ← 上高津貝塚から宍塚大池へ | TOP | Googleマップを使って国土地理院の地図を見られるサイト

リストマーク 『薮ログII』刊行 

2014年05月01日 ()
1401141.jpgこのブログの2004年から2008年の5年間の記事を『薮ログ』として製本したことがあったが、久しぶりに2009年から2013年の5年間を『薮ログII』としてまとめておいた。同じ5年間だがページ数は半分だ。それに、刊行ったって発行部数1冊だが。
[2014.05.01(Thu) 22:31] 雑談 | Trackback(-) | Comments(6)
↑TOPへ


COMMENT

by 石井一彦
発行部数2冊にして下さい。

by ひづめ
石井さん

ご興味を持っていただきありがとうございます。
廉価にできるのでしたら何部か作って興味ある方に配りたいところなのですが、けっこう高いのですよ。
『薮ログ』390ページ、15493円
『薮ログII』179ページ、8201円
2冊セットで、23694円で、価格は税抜きだと思います。
ネット情報が消失してしまった時の保険として残しています。
ご興味あれば増刷致します。

by 蛯澤 清兵衛
ご無沙汰しております。
以前メールをいただいたのに係わらず、返す言葉がなく、返信できなかったことをお詫びします。

「藪ログ」出版、おめでとうございます。
やはり「紙」で保存し、紙で読むのが基本と小生は考えています、今、古い写真や史料を写真屋さんでスキャンしてもらっている最中で、ゆくゆくはそれらに注釈をつけて、又従兄弟くらいの親戚に配ろうと考えています。このようにすれば、拙宅で史料が遺失しても、何らかの形で後世に引き継がれるような気がします。

その節はご教示願います。

製本って結構高いんですね。

by ひづめ
清兵衛さん、おひさしぶり。

お元気でしたか。これはブログ記事をそのまま書籍化してくれるサービスなので割高です。でも、一般の冊子でしたらそんなことはないと思います。

電子書籍も沢山出ていますが、内容を知る行為を満たすだけで、読書の楽しさの広がりは感じられません。本を携帯するとか、紙をめくる感触とか、読むほどによれよれになって行くとか、汚れるとか、ぱらぱらめくれば探し物のページに手が止まるとか、紙の本はやはり捨てがたいですね。

>拙宅で史料が遺失しても、何らかの形で後世に引き継がれるような気がします。

過去から伝わった遺産に清兵衛さんの知が付け加わった未来へ届ける遺産ですからいざという時のバックアップには電子化しておくと良いですね。紙のまま残したいですが、失われて欲しくもないですから。

最近土浦を中心に周辺地域の事に関していろいろと学びたいねという集まりができつつあります。清兵衛さんにもお話をお願いする機会があるかと思いますので、その時にはよろしくお願いします。

by 蛯澤 清兵衛
コメント ありがとうございました。

一昨日、古写真がDVD化され戻ってききましたので、私家版として古写真の来歴やその他史料の背景などをまとめDVD付冊子の作成を目標としてみます。

最近、体調も回復し、今は田植えや畑作の準備をしています。時間がありましたら、拙ブログをご高覧ください。

次はまたお会え出来る日を楽しみにしています。

by ひづめ
>DVD付冊子の作成を目標としてみます。

清兵衛さんが編纂するものならば貴重な資料集になると思います。

>体調も回復し、今は田植えや畑作の準備をしています。

良かった。そして、ブログも再開していたのですね。じっくり見させてもらいます。

コメントを閉じる▲

 ← 上高津貝塚から宍塚大池へ | TOP | Googleマップを使って国土地理院の地図を見られるサイト

COMMENT

発行部数2冊にして下さい。
[ 2014.05.01(Thu) 23:13] URL | 石井一彦 #ZJmJft5I | EDIT |

石井さん

ご興味を持っていただきありがとうございます。
廉価にできるのでしたら何部か作って興味ある方に配りたいところなのですが、けっこう高いのですよ。
『薮ログ』390ページ、15493円
『薮ログII』179ページ、8201円
2冊セットで、23694円で、価格は税抜きだと思います。
ネット情報が消失してしまった時の保険として残しています。
ご興味あれば増刷致します。
[ 2014.05.02(Fri) 10:03] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

ご無沙汰しております。
以前メールをいただいたのに係わらず、返す言葉がなく、返信できなかったことをお詫びします。

「藪ログ」出版、おめでとうございます。
やはり「紙」で保存し、紙で読むのが基本と小生は考えています、今、古い写真や史料を写真屋さんでスキャンしてもらっている最中で、ゆくゆくはそれらに注釈をつけて、又従兄弟くらいの親戚に配ろうと考えています。このようにすれば、拙宅で史料が遺失しても、何らかの形で後世に引き継がれるような気がします。

その節はご教示願います。

製本って結構高いんですね。
[ 2014.05.06(Tue) 09:13] URL | 蛯澤 清兵衛 #- | EDIT |

清兵衛さん、おひさしぶり。

お元気でしたか。これはブログ記事をそのまま書籍化してくれるサービスなので割高です。でも、一般の冊子でしたらそんなことはないと思います。

電子書籍も沢山出ていますが、内容を知る行為を満たすだけで、読書の楽しさの広がりは感じられません。本を携帯するとか、紙をめくる感触とか、読むほどによれよれになって行くとか、汚れるとか、ぱらぱらめくれば探し物のページに手が止まるとか、紙の本はやはり捨てがたいですね。

>拙宅で史料が遺失しても、何らかの形で後世に引き継がれるような気がします。

過去から伝わった遺産に清兵衛さんの知が付け加わった未来へ届ける遺産ですからいざという時のバックアップには電子化しておくと良いですね。紙のまま残したいですが、失われて欲しくもないですから。

最近土浦を中心に周辺地域の事に関していろいろと学びたいねという集まりができつつあります。清兵衛さんにもお話をお願いする機会があるかと思いますので、その時にはよろしくお願いします。
[ 2014.05.06(Tue) 21:31] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

コメント ありがとうございました。

一昨日、古写真がDVD化され戻ってききましたので、私家版として古写真の来歴やその他史料の背景などをまとめDVD付冊子の作成を目標としてみます。

最近、体調も回復し、今は田植えや畑作の準備をしています。時間がありましたら、拙ブログをご高覧ください。

次はまたお会え出来る日を楽しみにしています。
[ 2014.05.10(Sat) 20:36] URL | 蛯澤 清兵衛 #- | EDIT |

>DVD付冊子の作成を目標としてみます。

清兵衛さんが編纂するものならば貴重な資料集になると思います。

>体調も回復し、今は田植えや畑作の準備をしています。

良かった。そして、ブログも再開していたのですね。じっくり見させてもらいます。
[ 2014.05.11(Sun) 17:48] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 上高津貝塚から宍塚大池へ | TOP | Googleマップを使って国土地理院の地図を見られるサイト

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
および 改訂版
シリーズ2巻
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編 各巻2800円+税

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER