TOP > 稲波 江戸崎 陸平 木原城 清明川
 ← 2013年に行った城 | TOP | お勧め講演会『「常陸国風土記」と古代の信太郡』

リストマーク 稲波 江戸崎 陸平 木原城 清明川 

2013年12月15日 ()
今日も透明度の高い青い空が拡がった。でも冷たい北西の風が強い。
この秋以来超雨男から超晴れ男へ変身したと言う石井さんとご子息といっしょに周辺の散策へ出た。

1312152.jpgまずは江戸崎の稲波干拓地へオオヒシクイを見に行った。道から近い田圃に集まってはいたが、強い風に頚をすくめて動きも少なかった。人間の方も寒くて堤防上に長居はできなかった。

そこから江戸崎の街を通って、陸平貝塚と美浦村文化財センターへ。現在開催中の『美浦に伝わる風土記の世界』を見学。そして、木原城へ。いつもの順番と逆だが、暗くなるのが早い季節なのでまずいきなり二重堀へ行くことにし、その後本丸周辺を歩いた。

1312153.jpg最後に石井さんの幼い頃の記憶に残る清明川へ。清明川沿いを河口まで往復。40年程前は川幅半分で、岸から樹木が覆い被さり、船を漕ぎ出すとあたかもジャングルクルーズの始まりの様なわくわく感があったらしい。
[2013.12.15(Sun) 22:40] 散策 | Trackback(-) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

お付き合いありがとうございました。 by 石井一彦
ひづめさんと一緒に清明川沿いを歩くことが出来て、とても嬉しかったです。数ヶ月前までは、全く知らなかった人と40数年前の記憶を辿るツアーというのは、なんだか、マジカルな感じです。

by ひづめ
風邪をひきそうなくらい寒い日でした。

革靴で木原城二重堀を歩かせてごめんなさい。
現在、木原城はかなり有名になりましたが、二重堀まで足を踏み入れた人はまだ少ないと思います。あそこを見ないと木原城を見たことにならないくらい重要な遺構なのですよ。

身の回りの風景はそこで日々暮らしているとその変化に鈍感になりますが、離れていると激変を感じ取れますね。私は石井さんの記憶を聞くことで、自分の知らない時代を想像できます。

コメントを閉じる▲

 ← 2013年に行った城 | TOP | お勧め講演会『「常陸国風土記」と古代の信太郡』

COMMENT

ひづめさんと一緒に清明川沿いを歩くことが出来て、とても嬉しかったです。数ヶ月前までは、全く知らなかった人と40数年前の記憶を辿るツアーというのは、なんだか、マジカルな感じです。
[ 2013.12.17(Tue) 09:42] URL | 石井一彦 #ZJmJft5I | EDIT |

風邪をひきそうなくらい寒い日でした。

革靴で木原城二重堀を歩かせてごめんなさい。
現在、木原城はかなり有名になりましたが、二重堀まで足を踏み入れた人はまだ少ないと思います。あそこを見ないと木原城を見たことにならないくらい重要な遺構なのですよ。

身の回りの風景はそこで日々暮らしているとその変化に鈍感になりますが、離れていると激変を感じ取れますね。私は石井さんの記憶を聞くことで、自分の知らない時代を想像できます。
[ 2013.12.18(Wed) 07:35] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 2013年に行った城 | TOP | お勧め講演会『「常陸国風土記」と古代の信太郡』

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
および 改訂版
シリーズ2巻
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編 各巻2800円+税

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER