TOP > 薮が払われ始めた林外城(鹿嶋市)
 ← 上高津貝塚ふるさと歴史の広場第12回特別展『古代のみち』 | TOP | 流山 堪能記

リストマーク 薮が払われ始めた林外城(鹿嶋市) 

2013年03月18日 ()
石崎勝三郎さんからお知らせをいただいた。鹿嶋市林の林外城のあのものすごい薮が払われてかなり歩き易くなっているらしい。暑い季節が近づいているのでさっそく行って来た。

1303182.jpg北側からの遠望。外見的には以前と代わりは無さそうに見える。

1303185.jpg北東側のII郭。ほとんど薮は払われている。

1303184.jpgボランティアで竹の伐採をされている方が城内を案内してくれた。地元に住んでいるが数年前までこんな凄い土塁がきれいに残っている事を知らなかったと言われていた。

1303183.jpgIII郭からI郭(左)とII郭(右)の間の堀を臨む。

竹を切っていた方は、これだけ立派な物が残っているので、もう少しきれいにして人が集まる場所に出来たら良いと思っている。そして、民有地の問題が解決すれば南側にある鹿嶋ハイツからの散策路ができるかもしれないとも言われていた。
[2013.03.18(Mon) 16:35] お城情報 | Trackback(-) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

by 五郎
ひづめさん、ご無沙汰してます。
最近は埋もれていた中世城郭も見直される傾向なんでしょうか。林外城もずいぶんきれいになったんですね。
この城も開発の魔の手?が近くまで迫っているので心配してましたが、ひとまず安心してよいのでしょうか。
ボランティアで草刈りしてくれてる人には感謝しなければいけませんが、こんな素晴らしい城の草刈りなら、私はお金を払ってでも参加したい気分です(笑)

by ひづめ
ふくろうの林にお住まいの五郎さん、お久しぶり。

かなり前ですが、職場の年配者が阿見町の神社の杜でふくろうの幼鳥を拾って来て、職場の椿の枝の隙間に留らせていたことがありました。頭がグルグルって回るんですよね。表情や仕草のあまりのかわいさにうっとりした記憶があります。

それはそうと、林外城ですが、私たちがかつて知っている薮城ではなくなりつつあります。I郭とIII郭の南側半分には薮が残っていますので、この時期に行けばあの頃を思い出して比較ができるという面白さもありますよ。

この城に限りませんが、五郎さんも書かれている様に、なにか巧くイベントと連動させればお金払ってでも薮刈りしたいと思う人も少なくないと感じます。

by 五郎
今のところまだふくろうは宿を訪れた気配は見えません。それとも気づいてないのか...
ところで、ふくろうの雛ですが、もし森で雛を見つけても迷子というわけではないのでそのまま放っておくのが良いそうですよ。

次の記事のはなしですが、この企画展にはぜひ行紅と思います。図録もなかなか良さそうですね。


by ひづめ
>もし森で雛を見つけても迷子というわけではないのでそのまま放っておくのが良いそうですよ。

そうらしいですね。親は見ていて後で助けに来るらしいですよね。実はそのおじさんは野鳥を捕獲するといういけない趣味を持っていたので、ふくろうも単純に拾ったのではないかもしれません。

>『古代のみち』

私たちの地元で古代から現在に至までずっと利用してきたものなので興味が尽きないです。

市立博物館の『戦国BASARA』も如何ですか?甲冑は本物ですから。

コメントを閉じる▲

 ← 上高津貝塚ふるさと歴史の広場第12回特別展『古代のみち』 | TOP | 流山 堪能記

COMMENT

ひづめさん、ご無沙汰してます。
最近は埋もれていた中世城郭も見直される傾向なんでしょうか。林外城もずいぶんきれいになったんですね。
この城も開発の魔の手?が近くまで迫っているので心配してましたが、ひとまず安心してよいのでしょうか。
ボランティアで草刈りしてくれてる人には感謝しなければいけませんが、こんな素晴らしい城の草刈りなら、私はお金を払ってでも参加したい気分です(笑)
[ 2013.03.23(Sat) 21:52] URL | 五郎 #UN5IrTYE | EDIT |

ふくろうの林にお住まいの五郎さん、お久しぶり。

かなり前ですが、職場の年配者が阿見町の神社の杜でふくろうの幼鳥を拾って来て、職場の椿の枝の隙間に留らせていたことがありました。頭がグルグルって回るんですよね。表情や仕草のあまりのかわいさにうっとりした記憶があります。

それはそうと、林外城ですが、私たちがかつて知っている薮城ではなくなりつつあります。I郭とIII郭の南側半分には薮が残っていますので、この時期に行けばあの頃を思い出して比較ができるという面白さもありますよ。

この城に限りませんが、五郎さんも書かれている様に、なにか巧くイベントと連動させればお金払ってでも薮刈りしたいと思う人も少なくないと感じます。
[ 2013.03.24(Sun) 12:06] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

今のところまだふくろうは宿を訪れた気配は見えません。それとも気づいてないのか...
ところで、ふくろうの雛ですが、もし森で雛を見つけても迷子というわけではないのでそのまま放っておくのが良いそうですよ。

次の記事のはなしですが、この企画展にはぜひ行紅と思います。図録もなかなか良さそうですね。

[ 2013.03.25(Mon) 22:38] URL | 五郎 #UN5IrTYE | EDIT |

>もし森で雛を見つけても迷子というわけではないのでそのまま放っておくのが良いそうですよ。

そうらしいですね。親は見ていて後で助けに来るらしいですよね。実はそのおじさんは野鳥を捕獲するといういけない趣味を持っていたので、ふくろうも単純に拾ったのではないかもしれません。

>『古代のみち』

私たちの地元で古代から現在に至までずっと利用してきたものなので興味が尽きないです。

市立博物館の『戦国BASARA』も如何ですか?甲冑は本物ですから。
[ 2013.03.26(Tue) 09:58] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 上高津貝塚ふるさと歴史の広場第12回特別展『古代のみち』 | TOP | 流山 堪能記

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
および 改訂版
シリーズ2巻
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編 各巻2800円+税

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER