TOP > 取手山館(小美玉市)で現地説明会が開催された
 ← 流山 堪能記 | TOP | 八郷のギター文化館から真壁のひな祭り

リストマーク 取手山館(小美玉市)で現地説明会が開催された 

2013年02月28日 ()
2月23日(土)に小美玉市の取手山館で現地説明会が開催された。発掘調査が行われていることは石崎さんから聞いていたのだが、休日に行く時間が無く、もちろん土曜日の現説へ行けるはずも無かった。

1302281.jpg当日の報告は『北総の秘めたる遺跡』掲示板の取手山館発掘現地説明会(茨城県小美玉市)や、余湖さんの掲示板などで議論されている。現説に参加したオカちゃんから資料と写真を見せて貰ったが、この遺構の現物を見られなかったのが残念に思われるへんてこりんな物件の様だ。
[右図は現説配布資料の一部]
[2013.02.28(Thu) 17:36] 調査・発掘情報 | Trackback(-) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

取手山館 by 源五郎
ひづめさんこんにちは。

取手山館、確かにへんてこりんな物件でした(笑)

曲輪内から、埋門形式で何本も出撃路が堀底に向かって掘られ、さらに一部は城外にも延びているという。しかも、竪堀ではなく、明らかにスロープ状の通路でしたからね。

小川方面から姿を見られる事なく、守備隊や伏兵の移動をしたのではないかと思いますが。

これを鉄砲戦の産物とみるか、寡兵の守備側の戦術とみるかで、解釈は大分変わりますね。

by ひづめ
源五郎さん

現説でオカちゃんと会ったそうで、私も行きたかったなぁ。
トンネル構造というのが面白いですね。これまで知られているトンネルは真田の抜け穴や関城の坑道のようなものですが、伝え聞くところによるとここのトンネルはちょっと違うみたいに感じました。
トンネルを潜って城内へ入るなんて責め難いですよね。
街道閉塞堀切群など常陸南部は異形の城の本場なのでしょうか。
それにしても鉄砲玉がものすごい数ですね。
ああ、見に行きたかった。

コメントを閉じる▲

 ← 流山 堪能記 | TOP | 八郷のギター文化館から真壁のひな祭り

COMMENT

ひづめさんこんにちは。

取手山館、確かにへんてこりんな物件でした(笑)

曲輪内から、埋門形式で何本も出撃路が堀底に向かって掘られ、さらに一部は城外にも延びているという。しかも、竪堀ではなく、明らかにスロープ状の通路でしたからね。

小川方面から姿を見られる事なく、守備隊や伏兵の移動をしたのではないかと思いますが。

これを鉄砲戦の産物とみるか、寡兵の守備側の戦術とみるかで、解釈は大分変わりますね。
[ 2013.03.02(Sat) 14:13] URL | 源五郎 #- | EDIT |

源五郎さん

現説でオカちゃんと会ったそうで、私も行きたかったなぁ。
トンネル構造というのが面白いですね。これまで知られているトンネルは真田の抜け穴や関城の坑道のようなものですが、伝え聞くところによるとここのトンネルはちょっと違うみたいに感じました。
トンネルを潜って城内へ入るなんて責め難いですよね。
街道閉塞堀切群など常陸南部は異形の城の本場なのでしょうか。
それにしても鉄砲玉がものすごい数ですね。
ああ、見に行きたかった。
[ 2013.03.02(Sat) 20:17] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 流山 堪能記 | TOP | 八郷のギター文化館から真壁のひな祭り

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
および 改訂版
シリーズ2巻
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編 各巻2800円+税

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER