TOP > 野田館関連施設? 発掘調査中
 ← 八王子城ツアー | TOP | 青木更吉<房総の牧>8部作

リストマーク 野田館関連施設? 発掘調査中 

2012年10月22日 ()
旧八郷町、現在の石岡市野田字押堀の野田館跡の南側の丘陵先端部で発掘調査が行われている。野田館は下三郷公民館周辺にあったと考えられているが、今回の調査で見つかった遺構はこれまで未発見のものだそうだ。

1210221.jpg野田館跡から南側を臨む。正面の丘陵先端部で調査が行われている。


1210222.jpgブルーのネットの内側は広域農道の延長工事によって湮滅する予定だが、外側は残るとのこと。


1210223.jpg下三郷公民館の辺りが野田館跡と考えられていて、東側の薮の中には土塁と堀らしきものが残ってる。また、現在は畑になっているところにかつて土塁があったということだ(オレンジの破線は私の想定)。

今回、野田館の南側、水田を渡ったところにある丘陵先端部に城郭関連と考えられる構造物が見つかった。赤は土塁、水色は堀と見られるが、これはあくまでも私の捕らえ方。野田館にいた小松氏の詰めの城または街道監視の砦か関所として構築したのか、時代が下って佐竹氏がこの地への足掛かりとして手を入れたのか、歴史的な解釈は今後の報告と議論を待ちたいと思う。

調査員の方に伺ったところ、現地調査は11月上旬頃までを予定しているとのことなので、現地をご覧になりたい方はお早めに。

1210224.jpg帰りに、近くの高友古塁(丸山古墳)に寄った。古塁と言われるからには古いのだろう。確かに周囲の堀はけっこう深く掘ってはいるが、堀幅が長槍でも届きそうで、少なくとも鉄砲戦を想定していないことは明らか。
[2012.10.22(Mon) 19:23] 調査・発掘情報 | Trackback(-) | Comments(6)
↑TOPへ


COMMENT

野田館 by 源五郎
ひづめさん早速のアップお疲れ様です。

野田館、こうして図示されると方形居館らしくなりますね。
今発掘されている城館が、果たして小松時代からあったのか、外部勢力が接収して大拡張したのか、気になるところです。

また、臼田氏居城の件ですが、確認したところ羽賀城中城部分の発掘で、2008年12月に行われております。翌年、『中城古墳群』の題名で稲敷市教育委員会から報告書が刊行されていますね。

by ひづめ
昨日は久しぶりに生しい遺構を見ることができました。
歩測もなしに見渡しただけの記憶で参考までに描いてみました。
平面的に見ると方形居館の様ですが、居の証拠は薄そうですね。中段と上段の高低差も奇異な感じがしました。

羽賀城の情報をありがとうございます。稲敷市の資料を見に行ってみます。

by P
ひづめさん、ご無沙汰しております。Pであります。

昨日土曜日の午後、現地を訪問いたしました。
自分は始めてみる形態の城館だったので、終始驚きの連続でした。
しかし開発で発見されたというのもなんだか切ないですね。消滅が決定しているのですから…

以前から「茨城の城郭」を見ていて印象に残っていたせいか、全体の様子が旧玉里村にある「飯塚城」と似ていますね。
飯塚城の城主は常陸平氏、すぐ近くには小松氏の居館もあります。
何か関係があるようにも感じます。

by ひづめ
Pさん、お久しぶりです。

源五郎さんからお知らせいただき、Pさんの過去記事を参考にさせてもらって先週見に行ってきました。その日はよい天気でしたが、昨日は午後からけっこうな雨で生憎でしたね。

この遺構の占地・縄張りはおっしゃる様に飯塚城に似ています。穴蔵城というタイプでしょうか。その他には、土浦市高岡の法雲寺(岡の宮館)、阿見町の塙城北側遺構などが似ています。飯塚城、塙城はかなりしっかりした多重堀で防御を固めていますし、岡の宮館の場合も背後にわずかに残る土塁・堀から推察するに、国道工事で湮滅する前には多重堀があったことも考えられます。それらに対して、この遺構では背後の防御が全くと言っていい程無いらしいので、占地の意図に違いがあるのかもしれません。

by 源五郎
こんばんは。

昨年発掘調査が行われた、石岡市の野田館跡の調査報告書が、石岡市教育委員会より刊行されるようです。
北側の従前から周知されていた旧野田館跡と、南側の今回発見された野田館跡は、相互に関連し合いながらも、基本的には別個の城館という結論です。
縄張りや主たる警戒方向から、北側は在地土豪小松氏の、南側はおそらく佐竹勢が小田一族上曽氏に対置するため築いた城館である由。たしかに、南側の城館の主郭西側正面に上曽氏の詰の城である猿壁城が見えます。
時期的には、まさに小田と佐竹の攻防戦たけなわの16世紀半ば以降ごろの遺物を中心とし、土鍋や石臼などの雑用品ばかりで、貿易陶磁器などの威信財は出土しなかったそうです。佐竹方と小田方の境目として国境警備隊のような雑兵たちが立て籠もっていたんですかね?
しかし、無防備の東側背後から攻撃されたら、イチコロの気がしますが・・。

16世紀中ごろは、府中大掾氏に佐竹義昭が進駐し、宍戸氏も佐竹に圧迫されて小田を見限っていた時期であり、野田館跡より東側はこの両者の勢力圏であるため、無防備ないし防御施設の設営が後回しなのではないかということみたいです。つまり、西や南のみを警戒防御あるいは威圧するための城館ということですね。
いずれにせよ、未完成のうちに主たる役割を終えた可能性が高いのではないでしょうか。

by ひづめ
源五郎さん

お知らせをありがとうございます。
野田館は佐竹側の陣城的位置づけになるわけですね。

>無防備の東側背後から攻撃されたら、イチコロの気がしますが・・。

私はあの台地上からなら鉄砲と言わずつぶて石を投げ込まれるだけでもボコボコにされそうな気がしました。

取手山館にしろこの野田館にしろ、これまで見過ごされて山林に眠っているような城館は、未完成や制約を受けた縄張りなど、異形と感じる部分も多いかも知れませんね。

コメントを閉じる▲

 ← 八王子城ツアー | TOP | 青木更吉<房総の牧>8部作

COMMENT

ひづめさん早速のアップお疲れ様です。

野田館、こうして図示されると方形居館らしくなりますね。
今発掘されている城館が、果たして小松時代からあったのか、外部勢力が接収して大拡張したのか、気になるところです。

また、臼田氏居城の件ですが、確認したところ羽賀城中城部分の発掘で、2008年12月に行われております。翌年、『中城古墳群』の題名で稲敷市教育委員会から報告書が刊行されていますね。
[ 2012.10.23(Tue) 12:37] URL | 源五郎 #- | EDIT |

昨日は久しぶりに生しい遺構を見ることができました。
歩測もなしに見渡しただけの記憶で参考までに描いてみました。
平面的に見ると方形居館の様ですが、居の証拠は薄そうですね。中段と上段の高低差も奇異な感じがしました。

羽賀城の情報をありがとうございます。稲敷市の資料を見に行ってみます。
[ 2012.10.23(Tue) 13:48] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

ひづめさん、ご無沙汰しております。Pであります。

昨日土曜日の午後、現地を訪問いたしました。
自分は始めてみる形態の城館だったので、終始驚きの連続でした。
しかし開発で発見されたというのもなんだか切ないですね。消滅が決定しているのですから…

以前から「茨城の城郭」を見ていて印象に残っていたせいか、全体の様子が旧玉里村にある「飯塚城」と似ていますね。
飯塚城の城主は常陸平氏、すぐ近くには小松氏の居館もあります。
何か関係があるようにも感じます。
[ 2012.10.28(Sun) 22:56] URL | P #- | EDIT |

Pさん、お久しぶりです。

源五郎さんからお知らせいただき、Pさんの過去記事を参考にさせてもらって先週見に行ってきました。その日はよい天気でしたが、昨日は午後からけっこうな雨で生憎でしたね。

この遺構の占地・縄張りはおっしゃる様に飯塚城に似ています。穴蔵城というタイプでしょうか。その他には、土浦市高岡の法雲寺(岡の宮館)、阿見町の塙城北側遺構などが似ています。飯塚城、塙城はかなりしっかりした多重堀で防御を固めていますし、岡の宮館の場合も背後にわずかに残る土塁・堀から推察するに、国道工事で湮滅する前には多重堀があったことも考えられます。それらに対して、この遺構では背後の防御が全くと言っていい程無いらしいので、占地の意図に違いがあるのかもしれません。
[ 2012.10.29(Mon) 09:35] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

こんばんは。

昨年発掘調査が行われた、石岡市の野田館跡の調査報告書が、石岡市教育委員会より刊行されるようです。
北側の従前から周知されていた旧野田館跡と、南側の今回発見された野田館跡は、相互に関連し合いながらも、基本的には別個の城館という結論です。
縄張りや主たる警戒方向から、北側は在地土豪小松氏の、南側はおそらく佐竹勢が小田一族上曽氏に対置するため築いた城館である由。たしかに、南側の城館の主郭西側正面に上曽氏の詰の城である猿壁城が見えます。
時期的には、まさに小田と佐竹の攻防戦たけなわの16世紀半ば以降ごろの遺物を中心とし、土鍋や石臼などの雑用品ばかりで、貿易陶磁器などの威信財は出土しなかったそうです。佐竹方と小田方の境目として国境警備隊のような雑兵たちが立て籠もっていたんですかね?
しかし、無防備の東側背後から攻撃されたら、イチコロの気がしますが・・。

16世紀中ごろは、府中大掾氏に佐竹義昭が進駐し、宍戸氏も佐竹に圧迫されて小田を見限っていた時期であり、野田館跡より東側はこの両者の勢力圏であるため、無防備ないし防御施設の設営が後回しなのではないかということみたいです。つまり、西や南のみを警戒防御あるいは威圧するための城館ということですね。
いずれにせよ、未完成のうちに主たる役割を終えた可能性が高いのではないでしょうか。
[ 2013.03.28(Thu) 19:39] URL | 源五郎 #- | EDIT |

源五郎さん

お知らせをありがとうございます。
野田館は佐竹側の陣城的位置づけになるわけですね。

>無防備の東側背後から攻撃されたら、イチコロの気がしますが・・。

私はあの台地上からなら鉄砲と言わずつぶて石を投げ込まれるだけでもボコボコにされそうな気がしました。

取手山館にしろこの野田館にしろ、これまで見過ごされて山林に眠っているような城館は、未完成や制約を受けた縄張りなど、異形と感じる部分も多いかも知れませんね。
[ 2013.03.30(Sat) 14:14] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 八王子城ツアー | TOP | 青木更吉<房総の牧>8部作

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
および 改訂版
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編 各巻2800円+税

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER