TOP > 歴博 洛中洛外図屏風展
 ← 土浦市立博物館および上高津の資料館 企画展 | TOP | 流山の野馬土手

リストマーク 歴博 洛中洛外図屏風展 

2012年04月03日 ()
1204031.jpg佐倉の国立歴史民族博物館で、都市を描く-京都と江戸-第I部『洛中洛外図屏風と風俗画』が3月27日から5月6日の会期で開催されている。今日は午後から暴風雨が予想されているので、朝一に行って開館と同時に見て大急ぎで帰宅。

1204032.jpg歴博正面の佐倉城角馬出にハクビシンが現れた。

1204033.jpg洛中洛外図屏風には、歴博甲本、乙本、東博模本、上杉本など有名なものがいくつかある。今回の展示では、その他、歴博C本、D本、E本、F本、舟木本、亘理伊達本に加え、名所図や風俗図、遊楽図、職人風俗図などなど、15世紀以降江戸期までの京都市中に暮らす様々な人びとの生活を活写する多くの屏風絵が一挙公開されていて壮観だ。
描かれた情報がデジタルデータベース化され、画像の見たい部分をより詳細に見ることができたり、1400人を越える甲本登場人物一人一人と対面できたり、なかなか面白い展示だった。とはいえ、2時間の見学はかなり疲れた。
[2012.04.03(Tue) 17:31] 展示会・セミナーTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 土浦市立博物館および上高津の資料館 企画展 | TOP | 流山の野馬土手

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yablog.blog6.fc2.com/tb.php/807-05dfcb08
 ← 土浦市立博物館および上高津の資料館 企画展 | TOP | 流山の野馬土手

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

北海道道南

陣屋と台場

[改訂版]
1500円(送料込)