TOP > 「稲敷台地の土塁・堀切群」についてのプレゼンをして来た
 ← 木原城で発掘調査 | TOP | 企画展「信太の古代」 美浦村文化財センター

リストマーク 「稲敷台地の土塁・堀切群」についてのプレゼンをして来た 

2011年06月20日 ()
110620.jpg 昨日は仕事を終えて大急ぎで東京へ行き、とある研究会へ出席。そこで「茨城県内の土塁・堀切群」についてのプレゼンをさせていただいた。これについては石崎勝三郎さんと私で『図説茨城の城郭』の100番と118番に取り上げているように、茨城県内ではそれほど珍しいものではなさそうだという認識が出来つつあるように思えるが、実際のところ茨城県に特徴的な遺構なのか、他地域ではどうなのか、これら遺構をどのように捉えたら良いのかなどなど、自分たちにも分からないことが多い。秋の全国規模のセミナーでの発表に先立って、石崎さんが話の概要を説明されるということなので私も聞きに行った。私はそれへの補足として稲敷台地の土塁・堀切群について短いプレゼンをさせてもらった。
 お集りのみなさんはそれぞれ一家言ある方々なのでどのような反論が来るかと内心ドキドキだったが、それなりに興味を持っていただけたようで本当に行って良かったと思う。この遺構が全国デビューをする秋のセミナー本番での石崎さんの話がより良いものになるように、私も出来る限りお手伝いしようと思っている。
[2011.06.20(Mon) 21:50] 展示会・セミナーTrackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

by 五郎
昨日はお疲れのところ失礼しました。
石○さんとお会いしたとは、このことでしたか。
稲敷台地の堀切群遺構はメジャーな媒体で取り上げられることが少ないので、全国的にはほとんど無名の存在なんでしょうね。他地域にも似たような遺構群があるのかも不明ですから、こういう機会が設けられて、ひづめさんや石さんが発表することはたいへん意義深いことですね。

by ひづめ
思えば大竹房雄先生が『阿見町史』に「戦国土塁」の項を立てて詳述したのがこの研究の始まりといっても良いでしょう。それから20数年後に石凬勝三郎さんが精力的な調査研究をされ、私たちも『図説茨城の城郭』の中で、これらの遺構を地域史の中で捉えるという立場を明らかにしました。それを思うと、これまでの様々な活動が少しずつですが実を結び始めたのかもしれません。
それにしても、県外には似たような遺構群は無いのでしょうかね。それが分かる、あるいは皆で探し始めるきっかけになるという意味でも、秋の全国セミナーは楽しみです。

それから、小坂城の件はまだ問い合わせていないので、もう少しお待ちください。

by ひづめ
そうそう、五郎さん

以前コメントが書き込めなかったと言われていましたね。その原因の一つに、不適切ワードがあるらしいです。例として「自」と「殺」を合体させた熟語はダメみたいです。他にもあるかもしれませんが、サーバー側で決めていることなので私にはコントロールできないのです。

by -
大竹先生の研究をはじめ、皆さんの地道な調査研究で今では知る人ぞ知る存在にはなってますが、開発による遺構自体の消滅も増えてる現在、保存も含めてアピールが今まさに喫緊の課題でもあるのでしょうね。
広く研究者に知ってもらいたいものです。

小坂城の件、先日ひづめさん伺ったところは連絡しておきました。お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いします。

コメントが書き込めない件ですが、たぶん不適切ワードは使ってないと思いますが、その辺りを気をつけてまた書き込みしてみますね。

コメントを閉じる▲

 ← 木原城で発掘調査 | TOP | 企画展「信太の古代」 美浦村文化財センター

COMMENT

昨日はお疲れのところ失礼しました。
石○さんとお会いしたとは、このことでしたか。
稲敷台地の堀切群遺構はメジャーな媒体で取り上げられることが少ないので、全国的にはほとんど無名の存在なんでしょうね。他地域にも似たような遺構群があるのかも不明ですから、こういう機会が設けられて、ひづめさんや石さんが発表することはたいへん意義深いことですね。
[ 2011.06.21(Tue) 19:14] URL | 五郎 #- | EDIT |

思えば大竹房雄先生が『阿見町史』に「戦国土塁」の項を立てて詳述したのがこの研究の始まりといっても良いでしょう。それから20数年後に石凬勝三郎さんが精力的な調査研究をされ、私たちも『図説茨城の城郭』の中で、これらの遺構を地域史の中で捉えるという立場を明らかにしました。それを思うと、これまでの様々な活動が少しずつですが実を結び始めたのかもしれません。
それにしても、県外には似たような遺構群は無いのでしょうかね。それが分かる、あるいは皆で探し始めるきっかけになるという意味でも、秋の全国セミナーは楽しみです。

それから、小坂城の件はまだ問い合わせていないので、もう少しお待ちください。
[ 2011.06.22(Wed) 19:56] URL | ひづめ #- | EDIT |

そうそう、五郎さん

以前コメントが書き込めなかったと言われていましたね。その原因の一つに、不適切ワードがあるらしいです。例として「自」と「殺」を合体させた熟語はダメみたいです。他にもあるかもしれませんが、サーバー側で決めていることなので私にはコントロールできないのです。
[ 2011.06.22(Wed) 19:59] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

大竹先生の研究をはじめ、皆さんの地道な調査研究で今では知る人ぞ知る存在にはなってますが、開発による遺構自体の消滅も増えてる現在、保存も含めてアピールが今まさに喫緊の課題でもあるのでしょうね。
広く研究者に知ってもらいたいものです。

小坂城の件、先日ひづめさん伺ったところは連絡しておきました。お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いします。

コメントが書き込めない件ですが、たぶん不適切ワードは使ってないと思いますが、その辺りを気をつけてまた書き込みしてみますね。
[ 2011.06.24(Fri) 23:58] URL | #UN5IrTYE | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yablog.blog6.fc2.com/tb.php/791-42ed8719
 ← 木原城で発掘調査 | TOP | 企画展「信太の古代」 美浦村文化財センター

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

北海道道南

陣屋と台場

[改訂版]
1500円(送料込)