TOP > かつて、筑波書林から『茨城の城郭』が出版されることを夢見た日もあった 
 ← 土浦市立博物館 企画展『ふたつの霞ヶ浦』その他 | TOP | 『図説茨城の城郭』 いまも売れています

リストマーク かつて、筑波書林から『茨城の城郭』が出版されることを夢見た日もあった  

2010年11月05日 ()
101105.jpg地方都市の地盤沈下が言われて久しいが、地元に伝統ある地域出版社が存在しているというのは、その都市の文化レベルの高さを表していると思う。だから、年明けに社長が亡くなったことはとても残念なことだ。
[訂正:土浦市民会館近くにあった筑波書林がなくなっていたので事業を畳んだと思っていたのですが、そう言う事ではなかったようです。事情が良く分からず書いた不確かな内容は訂正しました。]

今回、奥さんが出版事業を再開することになったというのはたいへん喜ばしい事ではあるが、地元市民の力がこの会社を後押しできるかどうか、それは都市の底力の指標かもしれない。
[2010.11.05(Fri) 22:11] 雑談Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 土浦市立博物館 企画展『ふたつの霞ヶ浦』その他 | TOP | 『図説茨城の城郭』 いまも売れています

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yablog.blog6.fc2.com/tb.php/771-f00d6643
 ← 土浦市立博物館 企画展『ふたつの霞ヶ浦』その他 | TOP | 『図説茨城の城郭』 いまも売れています

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
および 改訂版
シリーズ2巻
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編 各巻2800円+税

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER