TOP > シンボル展『実在した山本菅助』
 ← 甲斐国と土浦をつなぐ旅 | TOP | 国次高射砲陣地跡 大阪市東淀川区

リストマーク シンボル展『実在した山本菅助』 

2010年06月14日 ()
茨城からだとちょっと遠いのですが、山梨県立博物館での展示会のお知らせです。

100614.gifシンボル展『実在した山本菅助』
会期  平成22年6月5日~7月5日
休館日 毎週火曜日

詳細は山梨県立博物館(055-261-2631)に直接ご確認ください。

遠方にも関わらず、この展示会をご紹介する理由は、山本菅助と土浦城との関わりを示す新資料が発見されたからです。天和から貞享時期の土浦城城主松平信興は山本菅助(四代目)を普請の惣奉行として北門・南門の馬出などを造らせたようです。これだけでもニュースですが、土浦城の北門・南門の馬出といえば、馬出が外郭に設置される唯一の近世城郭としてその特異な縄張りが高田徹氏によって指摘されています(『土浦市立博物館紀要』第15号)が、まさにそれを造ったのが軍師・城郭デザイナー山本菅助(四代目)だったことになります。一見地味な土浦城ですが、新たな資料をもとに縄張りについての議論が活発になればと思います。
[2010.06.14(Mon) 15:35] 展示会・セミナーTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 甲斐国と土浦をつなぐ旅 | TOP | 国次高射砲陣地跡 大阪市東淀川区

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yablog.blog6.fc2.com/tb.php/763-eff6fc85
 ← 甲斐国と土浦をつなぐ旅 | TOP | 国次高射砲陣地跡 大阪市東淀川区

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

北海道道南

陣屋と台場

[改訂版]
1500円(送料込)