TOP > 牛久城 中城西側土塁
 ← 宝篋山と前山 小田城関連遺構を巡るハイキング | TOP | 茨城城郭会掲示板の応急処置

リストマーク 牛久城 中城西側土塁 

2010年03月22日 ()
五郎さんからお知らせいただいた牛久城の中城西側の土塁を、大竹先生、オカちゃんと見て来た。

100322.jpg写真を撮りながら地元の方にご挨拶すると、「お宅らもその本(『図説茨城の城郭』のこと)を持っているのかい」と話しかけられた。「ええまぁ」とか言ってると、大竹先生が「この人らがこの本を書いたんだよ」と紹介してくれた。私もすかさず「城山入り口の解説板のお城の図を描いたのがこちらの大竹先生なんです」と言い添えた。その方もお城が好きなようで、「茨城新聞の下にこの本の広告が載ってたから買ったよ。そうかい、書いた人たちかい」とうれしそうにいろいろなお話をしてくれた。1003222.jpg子供時代には二の郭で野球をしたり、ターザンごっこをして遊んだ事とか、また、現在城中街道といわれる裏道はかつては得月院の下を通る道なので「下街道(したけーどー)」と呼ばれていた事も教えてくれた。

その後、龍ケ崎市歴史民俗資料館のテーマ展『科学万博-つくば'85』を見学して、来迎院の多宝塔(国重要文化財)を見て来た。
[2010.03.22(Mon) 18:53] お城情報Trackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

by 五郎
あれだけきれいになると、子供の頃から遊んでいた地元の人でも牛久城の素晴らしさを見直してるでしょうね。
たぶんそのきっかけにもなってる皆さんに出合えてうれしかったと思いますよ。
それにしても「したけーどー」はいいですねぇ。

ついでに情報をまたひとつ書かせていただきます。
以前ひづめさんから宝篋山の南東側堀切の話を思い出したのでそれを見てきました。想像以上に大規模な遺構で驚きましたが、やっぱり戦国期の堀切とは違って規模の割りに鋭さには欠けるような印象でした。
あと未確認ですが小田前山城も草刈されてきれいになってるみたいですよ。気になる場所もあるので、そのうちまた行ってみようと思ってます。

by ひづめ
五郎さん

いつも情報をありがとうございます。大竹先生も、かつて薮を這いずりながら調査した頃を思い出し、こうして遺構を見渡せる今の景観を感慨深く見られていました。

「したけーどー」を教えてもらったのは良い聞き取りでした。こういうのは地元の言葉で記録しておくのが値打ちです。

宝篋山の南東側堀切というのはこれの事ですね。
http://yablog.blog6.fc2.com/blog-entry-146.html
http://yablog.blog6.fc2.com/blog-entry-147.html
どこから上がって行くのが良いでしょうか?なるべくらくなルートを教えてください。

前山も草刈りされていますか。暑くなる前に昇ってみたいですね。

宝篋峰城 by 五郎
大竹先生も小坂城、牛久城がこれほど美しく変貌する日が来るとは思ってもみなかったでしょうね。先生の感慨もに耽る姿が目に浮かびますよ(笑

宝篋山の堀切の記事はこんなに前でしたか。そう、南西ではなくほぼ真南の尾根でしたね。宝篋峰城と書かれた標柱が立ってました。
山頂からなら5分も下れば現われますが、宝篋山小田休憩所から極楽寺コースをおよそ1時間登るとたどり着けます。道は快適でしたよ。山頂からは小田城コースを下るとその中腹あたりにも怪しい堀切状の地形がありました(地形図の304m付近)。もう一ヶ所、西尾根にもなにかありそうな感じがしませんか。

by ひづめ
先日つくば市の観光案内で筑波山登山ルート図をもらったので、五郎さん情報とその図を参考にして、近いうちに行ってみたいと思います。

コメントを閉じる▲

 ← 宝篋山と前山 小田城関連遺構を巡るハイキング | TOP | 茨城城郭会掲示板の応急処置

COMMENT

あれだけきれいになると、子供の頃から遊んでいた地元の人でも牛久城の素晴らしさを見直してるでしょうね。
たぶんそのきっかけにもなってる皆さんに出合えてうれしかったと思いますよ。
それにしても「したけーどー」はいいですねぇ。

ついでに情報をまたひとつ書かせていただきます。
以前ひづめさんから宝篋山の南東側堀切の話を思い出したのでそれを見てきました。想像以上に大規模な遺構で驚きましたが、やっぱり戦国期の堀切とは違って規模の割りに鋭さには欠けるような印象でした。
あと未確認ですが小田前山城も草刈されてきれいになってるみたいですよ。気になる場所もあるので、そのうちまた行ってみようと思ってます。
[ 2010.03.23(Tue) 21:40] URL | 五郎 #UN5IrTYE | EDIT |

五郎さん

いつも情報をありがとうございます。大竹先生も、かつて薮を這いずりながら調査した頃を思い出し、こうして遺構を見渡せる今の景観を感慨深く見られていました。

「したけーどー」を教えてもらったのは良い聞き取りでした。こういうのは地元の言葉で記録しておくのが値打ちです。

宝篋山の南東側堀切というのはこれの事ですね。
http://yablog.blog6.fc2.com/blog-entry-146.html
http://yablog.blog6.fc2.com/blog-entry-147.html
どこから上がって行くのが良いでしょうか?なるべくらくなルートを教えてください。

前山も草刈りされていますか。暑くなる前に昇ってみたいですね。
[ 2010.03.24(Wed) 09:34] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

大竹先生も小坂城、牛久城がこれほど美しく変貌する日が来るとは思ってもみなかったでしょうね。先生の感慨もに耽る姿が目に浮かびますよ(笑

宝篋山の堀切の記事はこんなに前でしたか。そう、南西ではなくほぼ真南の尾根でしたね。宝篋峰城と書かれた標柱が立ってました。
山頂からなら5分も下れば現われますが、宝篋山小田休憩所から極楽寺コースをおよそ1時間登るとたどり着けます。道は快適でしたよ。山頂からは小田城コースを下るとその中腹あたりにも怪しい堀切状の地形がありました(地形図の304m付近)。もう一ヶ所、西尾根にもなにかありそうな感じがしませんか。
[ 2010.03.24(Wed) 20:45] URL | 五郎 #UN5IrTYE | EDIT |

先日つくば市の観光案内で筑波山登山ルート図をもらったので、五郎さん情報とその図を参考にして、近いうちに行ってみたいと思います。
[ 2010.03.26(Fri) 07:34] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yablog.blog6.fc2.com/tb.php/754-6517d5dc
 ← 宝篋山と前山 小田城関連遺構を巡るハイキング | TOP | 茨城城郭会掲示板の応急処置

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編著 2940円

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER