TOP > 茨城の古民家講座および小澤家住宅見学会
 ← 小田城 発掘調査現地説明会翌日 | TOP | 小田城跡発掘調査現地説明会

リストマーク 茨城の古民家講座および小澤家住宅見学会 

2009年12月06日 ()
村内の小澤家住宅(主屋、米蔵、表門)が昨年国登録有形文化財に指定されたのを機に、「茨城の古民家」についての一色史彦氏の講座と見学会が開催された。一色先生のお話はユニークで、あまり建築の知識を持っていない自分でもとても興味深く聞くことができた。

0912061.jpg小澤家住宅は明治時代中期に建てられた名主屋敷構えを残す茅葺民家。主屋は大規模な寄棟造茅葺民家で、写真右手は入母屋造の式台玄関。式台玄関とは公務に用いる出入り口で、一般の農家にはみられないそうだ。内部は近年手が入れられてはいるものの、建築当時の趣が随所に残っていた。

0912063.jpg主屋の式台玄関の軒廻りは放射状に垂木を配列させる扇垂木と言われる手法、屋根は段葺(この場合は三段葺)という千葉県北部から茨城県南に限定された極めて地域色の濃い葺き方だそうだ。

0912062.jpg式台玄関前から米蔵を臨む。米蔵2階の梁に打ち付けられていた破魔矢には墨書が書かれていて明治4年の年号と大工の銘があったのが登録申請へ向けての力になったとの事。寺社の場合は棟札に墨書が残されるが、民家の場合には百棟に2、3例墨書が残されている程度で、これは極めて貴重な史料だそうだ。

おそらくこの小澤家は飯倉の石引家文書に出てくる江戸崎土岐氏旧家臣(寛永2年当時)小沢主水の流れだったと思うのだが。その場でご当主にお聞きすれば良かった。
[2009.12.06(Sun) 18:37] 展示会・セミナーTrackback(0) | Comments(5)
↑TOPへ


COMMENT

by 五郎
名主屋敷ですか、なるほど立派な古民家ですね。私の子供のころは近所にも茅葺屋根の家が数軒あったくらいですが、今や県内に何軒残ってるんだろう...というくらい貴重な存在じゃないでしょうか。
こういう古民家を個人で維持するのは大変だと思いますから、文化財に指定されて良かったですね。そういえば文化財関係の予算も事業仕分けで削られちゃったのかな...

それは誤解みたい by ひづめ
>こういう古民家を個人で維持するのは大変だと思いますから、文化財に指定されて良かったですね。

そういう誤解が大変多いみたいです。国登録有形文化財指定には維持管理費用などのお金は出ないみたいです。

by 五郎
維持費も一切出ないんですか。
文化財に指定されると勝手な改築等も出来ないと聞きましたから、生活するうえではかえって面倒になってしまいそうですね。得るものは名誉だけ?

by ひづめ
国登録有形文化財は外観を保存するのであれば、内装に手を入れて他目的(レストラン、ホテル、教室など)に使って良いそうです。修理などにはお金は出ないそうですが、改装の設計図作成費の補助を文化庁がするということのようです。こういう文化財があるということを地域に知らせるとか、知らずに破壊されることを防ぐという目的があるんでしょうね。

by 五郎
ほう、硬い名称だから内容も堅苦しいのかと思ったら、意外に融通が利くというか、逆にこれでいいの?って感じがしないこともないですが。古民家も中を覗けばレストランとか土産物屋ってのもねぇ。
もっとも住人がいる民家に限ってということなら理解できますけど。

コメントを閉じる▲

 ← 小田城 発掘調査現地説明会翌日 | TOP | 小田城跡発掘調査現地説明会

COMMENT

名主屋敷ですか、なるほど立派な古民家ですね。私の子供のころは近所にも茅葺屋根の家が数軒あったくらいですが、今や県内に何軒残ってるんだろう...というくらい貴重な存在じゃないでしょうか。
こういう古民家を個人で維持するのは大変だと思いますから、文化財に指定されて良かったですね。そういえば文化財関係の予算も事業仕分けで削られちゃったのかな...
[ 2009.12.06(Sun) 19:15] URL | 五郎 #UN5IrTYE | EDIT |

>こういう古民家を個人で維持するのは大変だと思いますから、文化財に指定されて良かったですね。

そういう誤解が大変多いみたいです。国登録有形文化財指定には維持管理費用などのお金は出ないみたいです。
[ 2009.12.07(Mon) 09:26] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

維持費も一切出ないんですか。
文化財に指定されると勝手な改築等も出来ないと聞きましたから、生活するうえではかえって面倒になってしまいそうですね。得るものは名誉だけ?
[ 2009.12.07(Mon) 21:03] URL | 五郎 #UN5IrTYE | EDIT |

国登録有形文化財は外観を保存するのであれば、内装に手を入れて他目的(レストラン、ホテル、教室など)に使って良いそうです。修理などにはお金は出ないそうですが、改装の設計図作成費の補助を文化庁がするということのようです。こういう文化財があるということを地域に知らせるとか、知らずに破壊されることを防ぐという目的があるんでしょうね。
[ 2009.12.08(Tue) 21:44] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

ほう、硬い名称だから内容も堅苦しいのかと思ったら、意外に融通が利くというか、逆にこれでいいの?って感じがしないこともないですが。古民家も中を覗けばレストランとか土産物屋ってのもねぇ。
もっとも住人がいる民家に限ってということなら理解できますけど。
[ 2009.12.08(Tue) 22:50] URL | 五郎 #UN5IrTYE | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yablog.blog6.fc2.com/tb.php/736-61af6bd9
 ← 小田城 発掘調査現地説明会翌日 | TOP | 小田城跡発掘調査現地説明会

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編著 2940円

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER