TOP > 仮称・牛久沼東城(馬場台城) 牛久城防衛砦群のひとつか
 ← 『図説茨城の城郭』 まだまだ健在 | TOP | 牛久沼の東側砦群のひとつか?

リストマーク 仮称・牛久沼東城(馬場台城) 牛久城防衛砦群のひとつか 

2008年11月01日 ()
前回の記事の続編。

 牛久沼の東側の舌状台地先端部に砦らしきものがあると、五郎さんから情報をもらったのでさっそく見て来た。

081027.jpg 場所は見出し写真をご覧になればすぐにお分かりと思う。
 台地北端部に近い部分に堀切が埋もれてしまったと思われる小規模な土塁と堀があったが、これが五郎さんの言われる堀と思われる。その北側にも段差があるが遺構なのかどうかわからなかった。航空写真を眺めると、常磐線を越えて北西方向にも台地は伸びていたように推測されるが今となっては土取や削平で遺構を忍ぶものは馬内踏切西側の大杉神社の小山くらいだ。
 台地を東西に突っ切っている県道八代庄兵衛新田線を横断して南側台地を見たところ、墓所の西側台地辺縁に沿って土塁状の盛り土構造があった。
0810272.jpg 位置的には、北から東林寺城、牛久城、遠山城、本件の台地、八幡台城と並んでおり、牛久城防衛に関連した砦群のひとつが置かれていたと考えるのが自然だと思う[右写真]。本日のところ小字が知れないので「仮称・牛久沼東城」としておく。

 今回五郎さんから情報をいただき、『伊奈町史 史料編一』岡見文書「旧記集覧」の絵(p297)を思い出した。牛久沼との位置関係が鏡で映したように左右反転しているのは変だが、北から新地(東林寺城)、城中(牛久城)、城跡(遠山城あるいは本件の台地)、若柴の方(八幡台城)という城の並びは合理的に思える。そして、極端に牛久沼へ突き出した形状からすると、遠山城よりも本件の台地がこの絵の城跡に相当しているように感じられる(ただし、古文書の絵を模写した図のためどこまで正確かは疑問だが)。

【追記】後日、五郎さんから「あの台地の小字は馬場台、台地下のぐるりは馬場下となっている」と教えてもらった。将来的に正式名称がどうなるか分からないが、ここでは小字を採って「馬場台城」としておくことにする。
[2008.11.01(Sat) 05:36] お城情報Trackback(0) | Comments(8)
↑TOPへ


COMMENT

by 五郎
ひづめさん、こんばんは。
早速現地踏査していただいて有難うございます。こうして全体の配置を見ると、牛久城をに関連した遺構と考えられますね。牛久城防衛のためか、あるいは反対に牛久城攻略のための付城の可能性も皆無ではないでしょうが、例の絵図の城跡には適合しそうで興味深いですね。
それにしても先端部が大きく土取りされれしまったのが惜しまれます。明治初期の迅速図を見てみたいですね。

by ひづめ
五郎さん、こんばんは。
>牛久城防衛のためか、あるいは反対に牛久城攻略のための付城の可能性も皆無ではないでしょうが
 そうですね、両方を想定しておくのがよいですね。
>例の絵図
 「屏風ヶ崎」の名称は本件の城跡と考えて良いと思います。

by 五郎
>「屏風ヶ崎」の名称は本件の城跡と考えて良いと思います。

図に書いてある「屏風が崎」の文字はどの辺りの地名なんだろうと思っていたんですが、あの城跡に対してものだったんですね。こんな当然のことを、今頃気がつきました。
ということは、現在の地名とは違いますが「屏風ヶ崎城」が適当かもしれませんね。馬場台城も悪くないですが、こっちのほうがずっといい感じじゃないですか。

by ひづめ
五郎さん、こんばんは。
 確かに、「屏風ヶ崎城」もいいなぁ。五郎さんへのメールに書いた簡単な考察を付した上でもう一回直そうかな。

初めまして by ジロン
こんにちわ。

牛久城址の正確な位置情報を知りたく調べていて、このサイトに行き当たりました。

牛久沼周辺には牛久城址以外にもたくさんの砦や城址があるのですね。

頓挫していた国道6号牛久バイパスの工事が行われたら牛久城址の一部は破壊されてしまうんじゃないかと不安に思って、牛久城址とバイパス予定ルートの照らし合わせをしているのですが、やっぱり牛久城址はバイパスの下敷きになってしまうのでしょうか?
なぜもっと歴史遺物が尊重されないのか腹立たしくて仕方ありません。

なぜ一度頓挫したのにまた再開するのだろう・・・

by ひづめ
ジロンさん、はじめまして。お越しいただきありがとうございます。

ジロンさんのページはQuickTimeVRで東京の風景を記録しようと言うコンセプトなのですね。私はVRの作り方を知りませんがきっと手間のかかるものなのでしょうね。

牛久沼周辺の城館・砦群、たくさんありますね。そもそも巨大なお城が一つぽつんと作られるという事の方が不思議なんですよ。そして、城郭の広がりもこれまでは狭く見過ぎていたように思います。ですから、ごく中心部の遺構だけを調べてそれ以外の部分は工事してOKみたいな状況になってしまうのだと思います。県内随一と言われる茨城町の小幡城も範囲認識が狭すぎたためについ最近大手門付近のすばらしい堀土塁が茨城空港アクセス用高速道路建設によって壊されました。ほとんどの県民が価値を見いだせないでいる茨城空港のために壊されるなんてもったいない事です。

国道6号牛久バイパスは牛久城大手門跡の南側を横切るコースですから、そこは牛久城のまさに城中です。自動車が日本中をびゅんびゅん走り回ることが豊さの象徴イメージだった半世紀も前の思想と利権で動かされている政治が続く限り、歴史遺物の尊重どころか人の命だって紙くず扱いです。

また、お越し下さい。

お久しぶりです。 by ジロン
ご無沙汰しております。

牛久市の小坂城址が市の指定文化財になり、いよいよ史跡整備の準備に入りました。
しかし、城址の歴史や史実、伝説などの資料公開をどうするかなどはまったく手付かずで、今後史跡としてどうするかより、公園としての活用が先に立っているような気がして気がかりです。
かく言う僕も検討委員の一人として会議に参加してはいるのですが、平日の仕事の合間のため、いつも1時間程度しか参加できないため、必要な話が出来ていないような状況です。

牛久バイパスは本当のところ、市役所でも乗り気ではなく国土交通省がごり押しで進めている事業のようです。
市としては史跡にしろ自然環境にしろ、あの近辺は残したいようなのですが、市が数年前に計画した市道再整備に便乗して国土交通省の横槍が入ったらしいのです。
市道が整備されればバイパスの必要性はなくなりますので、市の資産を壊さないで済むようにもっと国土交通省の強引なやり方に待ったをかけられるようにネット上でもいろいろな場所に書き込んでいきたいと思います。



by ひづめ
ジロンさん

お久しぶりです。
国土交通省のごり押し、相変わらず変わらないようです。自民党政権の中で長年に渡って育て上げられてしまった時代遅れの体質、地元の資産と未来を食い潰ぶされる事にはマッタをかけたいものですね。

コメントを閉じる▲

 ← 『図説茨城の城郭』 まだまだ健在 | TOP | 牛久沼の東側砦群のひとつか?

COMMENT

ひづめさん、こんばんは。
早速現地踏査していただいて有難うございます。こうして全体の配置を見ると、牛久城をに関連した遺構と考えられますね。牛久城防衛のためか、あるいは反対に牛久城攻略のための付城の可能性も皆無ではないでしょうが、例の絵図の城跡には適合しそうで興味深いですね。
それにしても先端部が大きく土取りされれしまったのが惜しまれます。明治初期の迅速図を見てみたいですね。
[ 2008.11.02(Sun) 19:46] URL | 五郎 #UN5IrTYE | EDIT |

五郎さん、こんばんは。
>牛久城防衛のためか、あるいは反対に牛久城攻略のための付城の可能性も皆無ではないでしょうが
 そうですね、両方を想定しておくのがよいですね。
>例の絵図
 「屏風ヶ崎」の名称は本件の城跡と考えて良いと思います。
[ 2008.11.03(Mon) 17:06] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

>「屏風ヶ崎」の名称は本件の城跡と考えて良いと思います。

図に書いてある「屏風が崎」の文字はどの辺りの地名なんだろうと思っていたんですが、あの城跡に対してものだったんですね。こんな当然のことを、今頃気がつきました。
ということは、現在の地名とは違いますが「屏風ヶ崎城」が適当かもしれませんね。馬場台城も悪くないですが、こっちのほうがずっといい感じじゃないですか。
[ 2008.11.03(Mon) 20:59] URL | 五郎 #UN5IrTYE | EDIT |

五郎さん、こんばんは。
 確かに、「屏風ヶ崎城」もいいなぁ。五郎さんへのメールに書いた簡単な考察を付した上でもう一回直そうかな。
[ 2008.11.03(Mon) 23:09] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

こんにちわ。

牛久城址の正確な位置情報を知りたく調べていて、このサイトに行き当たりました。

牛久沼周辺には牛久城址以外にもたくさんの砦や城址があるのですね。

頓挫していた国道6号牛久バイパスの工事が行われたら牛久城址の一部は破壊されてしまうんじゃないかと不安に思って、牛久城址とバイパス予定ルートの照らし合わせをしているのですが、やっぱり牛久城址はバイパスの下敷きになってしまうのでしょうか?
なぜもっと歴史遺物が尊重されないのか腹立たしくて仕方ありません。

なぜ一度頓挫したのにまた再開するのだろう・・・
[ 2008.12.25(Thu) 13:11] URL | ジロン #- | EDIT |

ジロンさん、はじめまして。お越しいただきありがとうございます。

ジロンさんのページはQuickTimeVRで東京の風景を記録しようと言うコンセプトなのですね。私はVRの作り方を知りませんがきっと手間のかかるものなのでしょうね。

牛久沼周辺の城館・砦群、たくさんありますね。そもそも巨大なお城が一つぽつんと作られるという事の方が不思議なんですよ。そして、城郭の広がりもこれまでは狭く見過ぎていたように思います。ですから、ごく中心部の遺構だけを調べてそれ以外の部分は工事してOKみたいな状況になってしまうのだと思います。県内随一と言われる茨城町の小幡城も範囲認識が狭すぎたためについ最近大手門付近のすばらしい堀土塁が茨城空港アクセス用高速道路建設によって壊されました。ほとんどの県民が価値を見いだせないでいる茨城空港のために壊されるなんてもったいない事です。

国道6号牛久バイパスは牛久城大手門跡の南側を横切るコースですから、そこは牛久城のまさに城中です。自動車が日本中をびゅんびゅん走り回ることが豊さの象徴イメージだった半世紀も前の思想と利権で動かされている政治が続く限り、歴史遺物の尊重どころか人の命だって紙くず扱いです。

また、お越し下さい。
[ 2008.12.25(Thu) 21:56] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

ご無沙汰しております。

牛久市の小坂城址が市の指定文化財になり、いよいよ史跡整備の準備に入りました。
しかし、城址の歴史や史実、伝説などの資料公開をどうするかなどはまったく手付かずで、今後史跡としてどうするかより、公園としての活用が先に立っているような気がして気がかりです。
かく言う僕も検討委員の一人として会議に参加してはいるのですが、平日の仕事の合間のため、いつも1時間程度しか参加できないため、必要な話が出来ていないような状況です。

牛久バイパスは本当のところ、市役所でも乗り気ではなく国土交通省がごり押しで進めている事業のようです。
市としては史跡にしろ自然環境にしろ、あの近辺は残したいようなのですが、市が数年前に計画した市道再整備に便乗して国土交通省の横槍が入ったらしいのです。
市道が整備されればバイパスの必要性はなくなりますので、市の資産を壊さないで済むようにもっと国土交通省の強引なやり方に待ったをかけられるようにネット上でもいろいろな場所に書き込んでいきたいと思います。


[ 2009.12.30(Wed) 17:27] URL | ジロン #- | EDIT |

ジロンさん

お久しぶりです。
国土交通省のごり押し、相変わらず変わらないようです。自民党政権の中で長年に渡って育て上げられてしまった時代遅れの体質、地元の資産と未来を食い潰ぶされる事にはマッタをかけたいものですね。
[ 2009.12.31(Thu) 17:18] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yablog.blog6.fc2.com/tb.php/688-522934c1
 ← 『図説茨城の城郭』 まだまだ健在 | TOP | 牛久沼の東側砦群のひとつか?

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編著 2940円

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER