TOP > 国立天文台の土塁
 ← 写真展『ぼしん戦争と水戸藩市川勢の軌跡』好評につき1週間延長 | TOP | 福島県中通りと浜通りの城攻め(オカ&五郎)

リストマーク 国立天文台の土塁 

2007年04月16日 ()
070416.jpg この土塁は何かというと、東京三鷹市にある国立天文台構内のレーザー干渉計型重力波望遠鏡(TAMA300)。望遠鏡?と思われるかもしれませんが、一辺300mのL字型のレーザー干渉装置がこの土塁の下に埋められていて、アインシュタインの一般相対性理論で予言されている重力波の検出を試みているそうです。国立天文台三鷹キャンパスは毎日一般公開されています。
[2007.04.16(Mon) 18:58] 雑談(科学もの)Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 写真展『ぼしん戦争と水戸藩市川勢の軌跡』好評につき1週間延長 | TOP | 福島県中通りと浜通りの城攻め(オカ&五郎)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yablog.blog6.fc2.com/tb.php/591-a4320e77
 ← 写真展『ぼしん戦争と水戸藩市川勢の軌跡』好評につき1週間延長 | TOP | 福島県中通りと浜通りの城攻め(オカ&五郎)

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
および 改訂版
シリーズ2巻
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編 各巻2800円+税

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER