TOP > 霞ヶ浦海軍航空隊の掩体壕(阿見町)
 ← おとなのおりがみ | TOP | 『歴史読本5月号 特集 戦国の城を歩く』

リストマーク 霞ヶ浦海軍航空隊の掩体壕(阿見町) 

2007年03月28日 ()
0703262.jpg 以前探したときに見つからず、もしかしたらすでに壊されてしまったのかも知れないと心配していたが、つい先日オカちゃんが現存を確認してきてくれた。さっそく見に行ったがお留守のため内部を見学することはできなかった。思ったよりも奥行きが短いことに驚いた。
[2007.03.28(Wed) 00:29] 近代の遺跡Trackback(0) | Comments(6)
↑TOPへ


COMMENT

by オカ
確かにここの掩体壕は奥行きが短いですね。いくつか有蓋掩体壕を見てきていますが、このタイプのものを見たのは初めてです。機体尾部を格納する部分だけ小さな小部屋になっているのが特徴的です。こちらの方が建造が難しくなる分、資材が省けてよかったのかもしれません。

by ひづめ
私も材料節約のためこのような形にしたのだと感じました。その上ドーム部分が小さい分頑丈かも。

各地の掩体濠 by バタフライ
9月末にここ阿見町役場近くの掩体濠を見学した。
中々場所がわからず、近くのとこやさんに聞いたら、詳しく教えてくれた。ここのお宅の庭、ほぼ正面に位置しており、先代のおじいさんに聞いた所によると、戦後に住まいとして使用していたため、壊されずにすんだとか。奥(尾翼の格納部分)右部分は住むのにじゃまなため壊されていた。子供がよく上に上がって遊んでいるらしく、わたくしも上がって見たが、物資のない状態でよくもまあこんな物を作ったものだと感心。
後日、役所より近郊の地図を入手して調べてみたら、回りは掩体濠だらけで、今のメイン道路は昔線路が通っており、戦後そのまま上を道路にした様子が見て取れる。もう一度訪れてみたい所です。

by ひづめ
バタフライさん、こんにちは。
 コメントを読ませてもらい1947年の航空写真を見てみましたが、確かに基地周辺と南東側(現在の三菱化学科学技術研究センターとの間)一帯には掩体壕らしき物がたくさんばらまかれているように見えます。ただ、残っているのは阿見郵便局近くの一基のみと聞いています。

朽ちた建物 by バタフライ
こんにちは。掩体壕の話でなくてすみません。
先日桶川で熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡地へ行ってきました。川を越えると飛行場。今はホンダ飛行場になっています。ここ桶川分教場は、今まで色々な戦跡を見てきましたが、惨澹たるありさまです。今にも崩れそうな建物です。地元の人々が保存に向かって動いていますが、なぜもう少し早く保存ができなかったのか残念です。書物にも載ってないので、きっと一部の人しか知らなかったのかも知れません。関東地方は阿見や宇都宮等戦跡はありますが、ここも是非保存してもらいたいと思います。

by ひづめ
バタフライさん、こんばんは。
 古い建物の保存は難しそうですね。早くに気づかないと朽ちますからね。余程重要と判断されなければ、危険回避を優先させて取り壊されてしまいます。
 我が村内にも鹿島航空隊時代の建物がありましたが、最近近くへ行っていないのでどうなっていることか。
http://www.asahi-net.or.jp/~DG8H-NSYM/anjusuijotai.html

コメントを閉じる▲

 ← おとなのおりがみ | TOP | 『歴史読本5月号 特集 戦国の城を歩く』

COMMENT

確かにここの掩体壕は奥行きが短いですね。いくつか有蓋掩体壕を見てきていますが、このタイプのものを見たのは初めてです。機体尾部を格納する部分だけ小さな小部屋になっているのが特徴的です。こちらの方が建造が難しくなる分、資材が省けてよかったのかもしれません。
[ 2007.03.29(Thu) 09:25] URL | オカ #- | EDIT |

私も材料節約のためこのような形にしたのだと感じました。その上ドーム部分が小さい分頑丈かも。
[ 2007.03.30(Fri) 10:37] URL | ひづめ #zdITjaKQ | EDIT |

9月末にここ阿見町役場近くの掩体濠を見学した。
中々場所がわからず、近くのとこやさんに聞いたら、詳しく教えてくれた。ここのお宅の庭、ほぼ正面に位置しており、先代のおじいさんに聞いた所によると、戦後に住まいとして使用していたため、壊されずにすんだとか。奥(尾翼の格納部分)右部分は住むのにじゃまなため壊されていた。子供がよく上に上がって遊んでいるらしく、わたくしも上がって見たが、物資のない状態でよくもまあこんな物を作ったものだと感心。
後日、役所より近郊の地図を入手して調べてみたら、回りは掩体濠だらけで、今のメイン道路は昔線路が通っており、戦後そのまま上を道路にした様子が見て取れる。もう一度訪れてみたい所です。
[ 2007.10.04(Thu) 17:39] URL | バタフライ #- | EDIT |

バタフライさん、こんにちは。
 コメントを読ませてもらい1947年の航空写真を見てみましたが、確かに基地周辺と南東側(現在の三菱化学科学技術研究センターとの間)一帯には掩体壕らしき物がたくさんばらまかれているように見えます。ただ、残っているのは阿見郵便局近くの一基のみと聞いています。
[ 2007.10.05(Fri) 13:00] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

こんにちは。掩体壕の話でなくてすみません。
先日桶川で熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡地へ行ってきました。川を越えると飛行場。今はホンダ飛行場になっています。ここ桶川分教場は、今まで色々な戦跡を見てきましたが、惨澹たるありさまです。今にも崩れそうな建物です。地元の人々が保存に向かって動いていますが、なぜもう少し早く保存ができなかったのか残念です。書物にも載ってないので、きっと一部の人しか知らなかったのかも知れません。関東地方は阿見や宇都宮等戦跡はありますが、ここも是非保存してもらいたいと思います。
[ 2008.06.25(Wed) 18:33] URL | バタフライ #- | EDIT |

バタフライさん、こんばんは。
 古い建物の保存は難しそうですね。早くに気づかないと朽ちますからね。余程重要と判断されなければ、危険回避を優先させて取り壊されてしまいます。
 我が村内にも鹿島航空隊時代の建物がありましたが、最近近くへ行っていないのでどうなっていることか。
http://www.asahi-net.or.jp/~DG8H-NSYM/anjusuijotai.html
[ 2008.06.26(Thu) 22:57] URL | ひづめ #MLEHLkZk | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yablog.blog6.fc2.com/tb.php/584-f8eeb254
 ← おとなのおりがみ | TOP | 『歴史読本5月号 特集 戦国の城を歩く』

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編著 2940円

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER