TOP > 水戸城の大規模造成は15世紀か 水戸二中敷地での発掘から
 ← タラの木を掴んでひどい目にあったことありませんか? | TOP | 千葉県下総のお城報告(余湖)

リストマーク 水戸城の大規模造成は15世紀か 水戸二中敷地での発掘から 

2007年01月24日 ()
 msnニュース毎日新聞2007年1月24日から。水戸市三の丸にある水戸二中敷地で行われた発掘調査から、水戸城は15世紀に大規模に造成されていたことが分かった。16世紀末に佐竹氏が近世城郭へ改修する以前に、すでに江戸氏によって大きく手が入っていたことになる。詳しくは、Open↓を。

msnニュース毎日新聞2007年1月24日記事全文を転載

水戸城出土銭:水戸二中の発掘で見つかる 大土木工事は15世紀か /茨城
 水戸市三の丸2の市立第二中学校改築工事に伴う発掘調査で、室町時代の地鎮に使われた「水戸城出土銭」が見つかった。23日に発表した水戸市教委は「深さ6メートル以上の谷を埋めるなどして平らな台地を造成しており、出土銭は中世水戸城の大土木工事を裏付けている」としている。
 昨年8月中旬~12月上旬、約2250平方メートルを調査。出土銭は同中プール跡の基礎部分から見つかった。「永楽通宝」などの中国銭約30種類、約1500枚が、古瀬戸の徳利(とっくり)型をした瓶一つに詰められていた。銭の中央の穴にひもなどが通されていないことから、再利用の意図なく埋納されたとみられる。
 水戸城はこれまで、古文書などから1593(文禄2)年に佐竹義宣により近世城郭として整備されたとされていたが、今回の調査で佐竹氏に追われた江戸氏によって15世紀に大造成されたことが分かったという。
 その他にも同地からは、徳川光圀が1698(元禄11)年に設置し、「大日本史」を編さんした「水戸彰考館」にかかわる古伊万里や中国産の陶磁器なども出土している。【立上修】
毎日新聞 2007年1月24日
------------------------------------------
後日、茨城新聞の記事も見つけたので以下に転載

水戸市の水戸城跡発掘調査 15世紀代遺物出土
2007/01/27(土) 茨城新聞朝刊 県央 A版 17頁
江戸氏が大規模造成
 水戸市は二十六日までに、水戸城跡の第一次発掘調査の結果をまとめた。出土した遺構から、江戸氏が室町時代(十五世紀代)、水戸城の大規模造成を行った可能性が高いと分かった。これまで古文書などから、同城の大本は、安土桃山時代後期(十六世紀末)に佐竹氏が造ったとみられてきた。同市はこれまで定説になっていた同城の成立時期や江戸氏の勢力を見直す新たな事実として注目している。

城郭整備、定説より前か
 今回の調査で、瓶(かめ)に入った大量の中国銭や陶磁器の破片など十五世紀代の遺物が出土し、深さ六?以上の谷が埋め立てられた形跡が残っていたことなどから、この時期に水戸城の大規模な造成工事が行われた可能性が高いという。
 これまで水戸城の歴史については、佐竹義宣が江戸重道から水戸城を奪い、一五九三年に城を大改修して近世城郭を築いたと紹介されてきた。
 また、出土した中国銭は当時、大量に流通した永楽通宝など中心に正方形の穴が開いた銅銭で、約三十種約千五百枚が陶器の瓶に入っていた。当時の銭貨は、穴にひもを通して束ねて流通させるのが一般的で、瓶の中の貨幣がバラだったことから、造成工事に着手する際、土地の神様を鎮める意味で「埋納銭(まいのうせん)」として埋めたとみられている。
 同市で埋納銭が出土したのは三カ所目で、前の二例は埋めた目的がはっきりしていないといい、今回の発掘は埋納銭の性格を知る上でも貴重な発見とされる。
 また、調査地点は江戸時代、徳川光圀が大日本史を編さんしたとされる水戸彰考館があったとされる。今回の発掘で建物跡は見つからなかったものの、古伊万里や中国製陶磁器、瓦の破片、井戸、ごみ穴跡などが確認され、同館の裏側の可能性が高いという。
 市は昨年八月中旬から十二月初旬にかけて、市立水戸二中改築工事に伴い、水戸城跡の台地の北西端に当たる約二千二百五十平方?を対象に調査を実施した。同城跡の本格的な発掘調査は初めて。
 今後は、改築工事に合わせて調査地点を南側に拡大する方針で、数年かけて同館跡の全容解明などを進める。水戸城の全容は、古文書や写真などで当時の様子が伝えられる以外、考古学的な実証はほとんどされていないのが現状という。
[2007.01.24(Wed) 21:59] 調査・発掘情報Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← タラの木を掴んでひどい目にあったことありませんか? | TOP | 千葉県下総のお城報告(余湖)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yablog.blog6.fc2.com/tb.php/542-ac10a8f3
 ← タラの木を掴んでひどい目にあったことありませんか? | TOP | 千葉県下総のお城報告(余湖)

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編著 2940円

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER