TOP > 興津貝塚
 ← 熊本城探検報告 by『たぶん取手ブログ』 | TOP | ホームページの大掃除

リストマーク 興津貝塚 

2006年12月30日 ()
061230.jpg 美浦村内の貝塚といえば陸平貝塚(国指定史跡)が有名だが、縄文前期後半の興津貝塚は出土土器が興津式土器という指標土器になっているほどの貝塚。私の通勤路の脇にあるので毎日眺めて通っているのだが、今日は縄文の専門家である大洗のとらさんと水戸のSさんがご来村なので私も同行させてもらった。専門家の話はおもしろい。こんなに小さな破片の紋様から失われてしまった部分までを再現できるとは驚きだ。また、霞ヶ浦周辺には日本全国の4分の1の貝塚が分布しているのだそうだ。これにはもっと驚き。「美浦村は良い所です」とお二人とも口をそろえる。確かに、陸平貝塚然り、愛宕山古墳然り、木原城然り、どの時代についても注目に値する遺跡が残っている。ここは永い永い年月に渉って人びとの営みを支えてきた土地なのだ。そして今自分も遙々この地へ至ったことを幸せに感じている。[興津式、浮島式などの土器片は写真を撮るだけ]
[2006.12.30(Sat) 20:12] お城情報Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 熊本城探検報告 by『たぶん取手ブログ』 | TOP | ホームページの大掃除

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yablog.blog6.fc2.com/tb.php/509-4a8e75b9
 ← 熊本城探検報告 by『たぶん取手ブログ』 | TOP | ホームページの大掃除

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

近日完成予定
北海道道南

陣屋と台場

[改訂版]
1500円(送料税込)