TOP > 前新堀遺跡(茨城町)の堀土塁調査
 ← 年末恒例『ヤブレンジャー山城の日』 | TOP | 高野氏館(那珂市) 調査ほぼ終了

リストマーク 前新堀遺跡(茨城町)の堀土塁調査 

2006年12月06日 ()
0612052.jpg 11月22日の記事でお知らせした茨城町小幡での前新堀遺跡(小幡千貫桜西土塁と仮称しておいたもの)発掘調査ですが、この後国道6号線の迂回路工事のために堀は埋め戻されるので、土塁頂~堀底6mとも思える豪快な遺構が見られるのは今月20日までのようです。遺構に関する話を伺い写真も撮らせて頂きましたが、調査途中のため内容に触れるものはまだ公開できませんので遠くから撮した風景写真のみにしておきます。
 茨城県教育財団埋蔵文化財部の発掘情報いばらき茨城小幡事務所ページに現場の航空写真があります。
 ウモさんからのコメントに対する回答の再掲ですが、下のOpen↓以下にこの工事の今後の手順を書いておきます。

 高速が横切らない堀の部分は埋め戻して覆土し国道6号の迂回路を通します。次に国道6号のアスファルトを剥がします。残念ながら国道の下部分の詳しい調査はないようですが堀の走行は確認できるでしょうとのこと。高速が横切る部分は湮滅します。全工事終了後迂回路は取り払われ現在の国道に戻り、迂回路に使われていた堀部分は現状に戻る(どの程度まで現状に戻るか疑問ですが)。
 という段取りになるそうで、確実に堀と土塁の断面を見られるのは12月20日までとのことです。報告書は小幡城周辺の調査と合わせて全体でまとめる予定なので現時点ではいつになるか分からないとのことでした。
[2006.12.06(Wed) 18:29] 調査・発掘情報Trackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

ウモ by -
私も先日見てきました。もう埋めてしまうんですか。勿体無い。でも「埋め戻し」っていうことは壊すのではなく覆土してその上に道路を通すんですかね。どっちにしても見られなくなることは残念です。
「調査途中のため内容に振れるものは公開できません」とのことですが、報告書は刊行されるのでしょうか。是非入手したいです。

堀と土塁の断面が見られるのは12月20日まで by ひづめ
ウモさんへの回答は以下です。
 高速が横切らない堀の部分は埋め戻して覆土し国道6号の迂回路を通します。次に国道6号のアスファルトを剥がします。残念ながら国道の下部分の詳しい調査はないようですが堀の走行は確認できるでしょうとのこと。高速が横切る部分は湮滅します。全工事終了後迂回路は取り払われ現在の国道に戻り、迂回路に使われていた堀部分は現状に戻るはずです(どの程度まで現状に戻るか疑問ですが)。でも少なくとも堀と土塁の断面を見られるのは12月20日までです。報告書は小幡城周辺の調査と合わせて全体でまとめる予定なので現時点ではいつになるか分からないとのことでした。

報告書 by とら
速くても20年度末ぐらいかな?>刊行。この機関の報告書は,入手はできるのです。ちとややこしい手順が必要なんですが。。。

しばらく先 by ひづめ
報告書として読めるのはまだしばらく先ですね。茨城県教育財団埋蔵文化財部HPの航空写真には小幡城も彼方に写っていますが、あの台地を突っ切って、(伝)大手門を突っ切って高速が通るのですね。小幡城周辺の景色も変わります。

コメントを閉じる▲

 ← 年末恒例『ヤブレンジャー山城の日』 | TOP | 高野氏館(那珂市) 調査ほぼ終了

COMMENT

私も先日見てきました。もう埋めてしまうんですか。勿体無い。でも「埋め戻し」っていうことは壊すのではなく覆土してその上に道路を通すんですかね。どっちにしても見られなくなることは残念です。
「調査途中のため内容に振れるものは公開できません」とのことですが、報告書は刊行されるのでしょうか。是非入手したいです。
[ 2006.12.06(Wed) 21:18] URL | #- | EDIT |

ウモさんへの回答は以下です。
 高速が横切らない堀の部分は埋め戻して覆土し国道6号の迂回路を通します。次に国道6号のアスファルトを剥がします。残念ながら国道の下部分の詳しい調査はないようですが堀の走行は確認できるでしょうとのこと。高速が横切る部分は湮滅します。全工事終了後迂回路は取り払われ現在の国道に戻り、迂回路に使われていた堀部分は現状に戻るはずです(どの程度まで現状に戻るか疑問ですが)。でも少なくとも堀と土塁の断面を見られるのは12月20日までです。報告書は小幡城周辺の調査と合わせて全体でまとめる予定なので現時点ではいつになるか分からないとのことでした。
[ 2006.12.06(Wed) 21:45] URL | ひづめ #zdITjaKQ | EDIT |

速くても20年度末ぐらいかな?>刊行。この機関の報告書は,入手はできるのです。ちとややこしい手順が必要なんですが。。。
[ 2006.12.08(Fri) 00:33] URL | とら #- | EDIT |

報告書として読めるのはまだしばらく先ですね。茨城県教育財団埋蔵文化財部HPの航空写真には小幡城も彼方に写っていますが、あの台地を突っ切って、(伝)大手門を突っ切って高速が通るのですね。小幡城周辺の景色も変わります。
[ 2006.12.08(Fri) 07:47] URL | ひづめ #zdITjaKQ | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yablog.blog6.fc2.com/tb.php/473-24ed321a
 ← 年末恒例『ヤブレンジャー山城の日』 | TOP | 高野氏館(那珂市) 調査ほぼ終了

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
および 改訂版
シリーズ2巻
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編 各巻2800円+税

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER