TOP > 生涯学習フェスティバルのマスコットだから「マナビィ」
 ← 2006年度『函館お散歩団』報告 | TOP | 「函館のガッカリ名所」の汚名返上、新五稜郭タワー

リストマーク 生涯学習フェスティバルのマスコットだから「マナビィ」 

2006年09月08日 ()
 「第18回全国生涯学習フェスティバルin茨城」ってなものがあるんだそうな。その中から歴史関連事業をピックアップしてとらさんがブログ一考古学徒の思うところで紹介してくれている。「お城!」を全面に出した企画は無さそうだが、大洗町内史跡探訪のように中世城館の見学を含んでいるものもある(当然ヤブレンジャー的ツアーではないことは確かです)。この企画では『図説茨城の城郭』の中で私が書いた「42大館館と小館館」が参考資料となるという話もちらほら聞こえており、ありがたいことだと感じています。って言うか、これを書くに当たっては資料提供や遺物の解釈などでとらさんには随分とお世話になったのでした。
[2006.09.08(Fri) 22:47] いろいろなお知らせTrackback(0) | Comments(3)
↑TOPへ


COMMENT

小館 by とら
遺物の年代は,このところ断続的に分析中ですが,報告された14世紀の年代(建武中興~南北朝時代1330~1390年代)よりも新しいようです。>幅広く見て15世紀以降16世紀以内

報告から約30年。遺物学の進展ですね。

小館に止まらず、、、 by ひづめ
とらさん、どうも。
>幅広く見て15世紀以降16世紀以内
 遺構の形態からみても、その時代であればすっきりします。
>遺物の年代は,このところ断続的に分析中
 小館の遺物だけでなく過去の収蔵品について再確認をやり始めているのですか。

再検証 by とら
時間が空いた時にですね。なかなか時間とれないんですが…。
小館は中世の未報告資料も多い事が分かってきました。それらを掻き出し,当時の原図と照合し,どの場所からどういう遺物が出ているのか(出土地点もポインティングされているため),そんな作業をこの間行いました。先ずは原点の再検証を行っている段階です。地元では小館が最も良好な資料群ですね,今のところ。それ以外では,大貫町の登城・落神・常福寺遺跡でややまとまっています。すべて遺物面からは15・16世紀代でほぼ小館と並行するようです。この年代観は町史で紹介された大貫氏関連の史料との整合性もあります。但し小館・登城落神常福寺間には遺物内容に相違があって,この違いが如何なる理由に拠るものなのか?,と感じ始めています。
他の遺跡はあったとしても少量でしょう。

コメントを閉じる▲

 ← 2006年度『函館お散歩団』報告 | TOP | 「函館のガッカリ名所」の汚名返上、新五稜郭タワー

COMMENT

遺物の年代は,このところ断続的に分析中ですが,報告された14世紀の年代(建武中興~南北朝時代1330~1390年代)よりも新しいようです。>幅広く見て15世紀以降16世紀以内

報告から約30年。遺物学の進展ですね。
[ 2006.09.09(Sat) 20:40] URL | とら #- | EDIT |

とらさん、どうも。
>幅広く見て15世紀以降16世紀以内
 遺構の形態からみても、その時代であればすっきりします。
>遺物の年代は,このところ断続的に分析中
 小館の遺物だけでなく過去の収蔵品について再確認をやり始めているのですか。
[ 2006.09.09(Sat) 21:30] URL | ひづめ #zdITjaKQ | EDIT |

時間が空いた時にですね。なかなか時間とれないんですが…。
小館は中世の未報告資料も多い事が分かってきました。それらを掻き出し,当時の原図と照合し,どの場所からどういう遺物が出ているのか(出土地点もポインティングされているため),そんな作業をこの間行いました。先ずは原点の再検証を行っている段階です。地元では小館が最も良好な資料群ですね,今のところ。それ以外では,大貫町の登城・落神・常福寺遺跡でややまとまっています。すべて遺物面からは15・16世紀代でほぼ小館と並行するようです。この年代観は町史で紹介された大貫氏関連の史料との整合性もあります。但し小館・登城落神常福寺間には遺物内容に相違があって,この違いが如何なる理由に拠るものなのか?,と感じ始めています。
他の遺跡はあったとしても少量でしょう。
[ 2006.09.09(Sat) 22:09] URL | とら #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yablog.blog6.fc2.com/tb.php/368-2f4ab73a
 ← 2006年度『函館お散歩団』報告 | TOP | 「函館のガッカリ名所」の汚名返上、新五稜郭タワー

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
および 改訂版
シリーズ2巻
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編 各巻2800円+税

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER