TOP > 永山城縄張図練習会+堀之内大台城西出城および島崎城出城オフ
 ← 『常陸小田氏の盛衰』ー小田氏15代、400年の歴史 | TOP | 野馬土手の前二作を越える出来映えー青木更吉著『小金牧を歩く』

リストマーク 永山城縄張図練習会+堀之内大台城西出城および島崎城出城オフ 

2004年03月15日 ()
【この企画は終了しました】
完全湮滅と思われていた堀之内大台城の西出城には堀・土塁が残存:
 3月14日、潮来市の永山城 と周辺の出城をまわるオフがありました。ワカレンジャー五郎、シオレンジャー潮風、オカレンジャー岡田の3人は朝から永山城の藪の中を飛び回り縄張図を描きました。昼過ぎ、UshiQnet山田、遅れてミホレンジャーひづめが到着。ひとときの雑談を挟み、ワカレンジャー五郎、オカレンジャー岡田は再び永山城の藪へ吸い込まれ、別働隊シオレンジャー潮風、UshiQnet山田、ミホレンジャーひづめたちは堀之内大台城の西出城へ向かった。
 西出城 へ取り憑く場所を見出せないまま周囲をめぐり大台城III曲輪跡まで来たときのシオレンジャーの驚きは如何ばかりだったか。「7,8年前に来たときにはここは台地だったんですよ。えぇ~!!ウソでしょう!!」そこにあるのは1億年の昔からここは地下プールだったかと言わんばかりの無惨な土取りされた光景 (リンク先はシオレンジャー潮風さんのページ)。再び西出城へ戻り、なんとか崖を登り切った頂上にあったのは約40m四方の台形の曲輪と南側辺に沿った堀と二重土塁 。完全に湮滅したと言われる堀之内大台城にあって唯一残された立派な遺構でした。ここを見ずして大台城を語る事なかれ、とは言い過ぎかな。でも、登り甲斐はありますよ。
 ここで潮風さんと別れ、UshiQnet山田とミホレンジャーひづめたちは、島崎城出城 へ向かう。島崎城 が南西へ腕を突き出した先端に位置する砦。頂上には直径5m高さ1.5mの壇 と方30mほどの堀・土塁に囲まれた郭があった。
[2004.03.15(Mon) 19:50] オフ企画Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 『常陸小田氏の盛衰』ー小田氏15代、400年の歴史 | TOP | 野馬土手の前二作を越える出来映えー青木更吉著『小金牧を歩く』

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://yablog.blog6.fc2.com/tb.php/221-a724f8b9
 ← 『常陸小田氏の盛衰』ー小田氏15代、400年の歴史 | TOP | 野馬土手の前二作を越える出来映えー青木更吉著『小金牧を歩く』

周辺地域のイベント情報

PROFILE

CATEGORY

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

管理人も執筆しています
および 改訂版
シリーズ2巻
『図説 茨城の城郭』
茨城城郭研究会編 各巻2800円+税

『藪ログ』内で検索

リンク集(クリック→)

カレンダー  

過去ログ(クリック→)

RSS

LINK LIST

Powered By

COUNTER